POP広告アーティスト認定試験口コミ評判

pop広告

POP広告アーティスト認定試験とは、ビジネスデザイン広告の作成に関する知識と技術から印刷までの流れを身に付けている人材、また人にそれを教えることが可能なインストラクターとして活動が出来るという資格です。

このPOP、というものをみなさんはよくみかけるのではないでしょうか。

スーパーから各ショップ、代表的なもので言えばドンキホーテなど多くの場所でPOPは使われています。

それらのPOPを見てみなさんはどう感じるでしょうか。

きっとそんなことを考えて見ている方は少ないと思いますが、ふと見たPOPに心動かされたり興味を惹かれたりという経験が一度はあることと思います。

それはどのようにデザインすれば目を引き、キャッチコピーやうたい文句など多くのことが考えられた作品だからです。

そしてそのようなPOPを作る事が誰でも可能かと言うとそうではないでしょう。

中には元からセンスや技術がある、という方もいるかもしれませんが多くの人はPOPに関して勉強して、どうすれば目立ち関心を持たれ、それが売り上げにつながるのかということを考えて作成しています。

みなさんが普段何気なく目にしているPOPにはそんな知識と技術、さらには努力が凝縮されているのです。

そしてこのPOP広告アーティスト認定試験はそんな作品作りをするための知識があること、それを教えることのできるスキルがあるという証明なのです。

きっとこの資格があることで、現在POPを作成しているという方も新しくそのような作業をしようかと考えている方もステップアップできるでしょう。

また講師としても活動可能なので、独立開業や教室を開くという道もありライフスタイルの選択肢が大きく広がります。

さて、そんなPOP広告アーティスト認定試験ですが、「日本インストラクター技術協会」という機関が資格試験を実施しています。

 

日本インストラクター技術協会とは?

こちらの日本インストラクター技術協会では「教える力」が一定の水準以上であるということを客観的尺度で評価し、資格取得者の社会的地位を向上させる目的として活動しています。

教える力、というのは自分では自信があっても確かに評価されづらい、企業側からしてもどう評価の基準を設ければ良いのか悩むところだと思います。

そこでこの資格という目に見える形があることで、少なくとも一定以上のスキルや知識があるということが証明されれば人材側も企業側にもメリットになることでしょう。

この他にも様々な資格試験を行っているので、何か人に教えることを仕事としたいと思っている方は一度覗いてみたらいかがでしょうか。

 

【試験概要】POP広告アーティスト認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

 

口コミ・評判!

 

「POPというものの需要が増えているように感じ、しっかりと知識と技術を身に付けたいと思いこの資格を取得しようと思った。これから講師として活動しようと考えている。」

多くの商業施設で需要が増えているPOP作成を教えられる人材は、それだけでニーズがありこれからそのニーズはますます増えていき、活躍の場も広がってくることでしょう。
POP広告  POP広告

この記事を書いた人