ITストラテジスト(ST)の資格とは

shikakumatome

ITを駆使したビジネス戦略の専門家」

英語名Information Technology Strategist Examination(略号ST)で、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。「システムアナリスト」と「上級システムアドミニストレータ」が統合されてできたものです。

メリット

経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適です。

難易度

スキルレベル4のため難易度は高い。合格率も15%程度と難関である。

オススメ度:5(5段階中最高が5)

IT系企業はもちろんであり、商社やメーカーなど、一般の企業でも活躍できると思われます。 IT系では珍しく、厚生労働大臣によって高度専門知識等に指定されている資格です。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受験資格
    • 特になし
  3. 試験内容
    • 午前試験Ⅰ:50分/多肢選択式/30問
    • 午前試験Ⅱ:40分/多肢選択式/25問
    • 午後試験Ⅰ:90分/記述式/4問中2問回答
    • 午後試験Ⅱ:120分/論述式/3問中1問回答
    • 業種ごとの事業特性を反映し情報技術を活用した事業戦略の策定又は支援に関すること
      • 経営戦略に基づく情報技術を活用した事業戦略の策定,情報技術によるビジネスモデルの開発提案,業務改革の企画,新製品・サービスの付加価値向上の提案,システムソリューションの選択,アウトソーシング戦略の策定 な
    • 業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略と全体システム化計画の策定に関すること
      • 業務モデルの定義,情報システム全体体系の定義,情報システムの開発課題の分析と優先順位付け,情報システム基盤構成方針や標準の策定,システムソリューション適用方針の策定(ERP パッケージの適用ほか),中長期情報システム化計画の策定,情報システム部門運営方針の策定,IT 全般統制整備方針の策定,事業継続計画(BCP)の策定・実施,システムリスクの分析,災害時対応計画の策定,情報システム化年度計画の策定 など
    • 業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想・計画の策定に関すること
      • システム化構想の策定,業務のシステム課題の定義,業務システムの分析,業務モデルの作成,業務プロセスの設計,システム化機能の整理とシステム方式の策定,システム選定方針の策定(システムソリューションの適用ほか),全体開発スケジュールの作成,プロジェクト推進体制の策定,システム調達の提案依頼書(RFP)の準備,提案評価と供給者の選択,費用とシステム投資効果の予測 など
    • 事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価に関すること
      • 製品・サービス・業務・組織・情報システムの改革プログラム全体の進捗管理,情報システム基盤標準やシステムに関する品質管理標準の標準化推進,改革実行のリスク管理と対処,システムソリューションの適用推進,システム活用の促進,改革プログラムの効果・費用・リスクの分析・評価・改善,事業戦略・情報システム戦略・全体システム化計画・個別システム化計画の達成度評価 など
    • 組込みシステムの企画,開発,サポート及び保守計画の策定・推進に関すること
      • 通信・情報・アーキテクチャ・ヒューマンインタフェース・ストレージ・半導体・計測・制御・プラットホームなどの技術動向分析,製品市場動向・社内技術評価などを踏まえた製品戦略策定,知的財産・規格・法令・製品の安全性や環境対策などへの考慮点の整理,リスク分析,調達方針の策定,経営戦略との整合性評価,要求の確認と調整 など
  4. 試験日
    • 10月第3日曜日
  5. 試験場所
    • 全国主要50地区
  6. 受験手数料
    • 5,700円
  7. 申し込み方法
    • 受験申込(7月中旬から下旬)
      • 情報処理推進機構へインターネットもしくは郵送による
  8. 合格基準
    • 午前Ⅰ:100点満点中、60点以上
    • 午前Ⅱ:100点満点中、60点以上
    • 午後Ⅰ:100点満点中、60点以上
    • 午後Ⅱ:ランクA
    • 上記の基準点を全て満たした者が合格となります。(多段階選抜方式)
  9. 結果発表
    • 1月中旬
  10. 免除
    • 以下のいずれかに該当する場合は申請により、その後の2年間において午前試験Ⅰが免除されます。
      • 応用情報技術者試験合格
      • 下記いずれかの高度試験合格
        • ITストラテジスト試験(秋期)、システムアーキテクト試験(秋期)、プロジェクトマネージャ試験(春期)、ネットワークスペシャリスト試験(秋期)、データベーススペシャリスト試験(春期)、エンベデッドシステムスペシャリスト試験(春期)、情報セキュリティスペシャリスト試験(春期)、ITサービスマネージャ試験(秋期)、システム監査技術者試験(春期)
      • 上記いずれかの高度試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得た者。
  11.  特例措置
    • 身体障害者,骨折や妊娠中の方などで,特別措置を希望する方は,試験案内書に記載している通り、申請が必要です。申請内容を審査の上,特別措置の可否を決定しますので,希望する特別措置ができないこともあります。
  12.  問い合わせ先
    • 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
    • 東京都文京区本駒込二丁目28番8号 文京グリーンコートセンターオフィス15・16階
    • TEL:03-5978-7600
    • ホームページ:http://www.ipa.go.jp/index.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です