ITコーディネータの資格とは

shikakumatome

IT経営を実現するプロフェッショナル」

ITコーディネータは、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。時代の潮流はSaaS/クラウド-経営革新・業務改革ニーズに合致する戦略的なIT利活用の推進人材として新たな役割を担います。これからの時代には、経営とIT双方の領域に長けた人材が求められています。ITコーディネータ資格認定制度では、経営からITまでの幅広い知識を身につけることが できるだけでなく、実践的なケース研修が用意されているため、早い段階から実績を積む ことが可能であり、経営改革における即戦力として、幅広い活躍の場が期待できます。ITコーディネータ(ITC)資格を取得するには、ITC試験(もしくは専門スキル認定試験)の合格、ケース研修修了の両方を、4年度間に満たす必要があります

 

メリット

ITコーディネータ資格の取得により、新たなビジネスチャンスが生まれ、活躍の場が拡大します。企業内スペシャリストやCIO候補者の方、コンサルタントとして独立を目指す方などに、ITコーディネータ資格認定制度は 幅広い付加価値を提供します。

 

難易度

近年合格率は、約55%程度

オススメ度:3(5段階中最高が5)

ITコンサルタント、IT技術者(PM、SE、情報セキュリティ担当、システム監査等)、社内のユーザ部門/情報システム部門担当者、ベンダー企業で働く方などにとってはお勧めの資格です。

 

資格概要         

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • ITC試験:制限なし
    • 専門スキル認定試験
      • 募集開始時点で、以下の専門スキル特別認定制度の対象資格を保有していること。
        • 公認会計士、税理士、中小企業診断士、技術士3資格(経営工学部門、情報工学部門、総合技術監理部門)、経営品質協議会認定セルフアセッサー、 ITストラテジスト、PMP、など指定の資格のいずれかの資格を保有している者
  3. 受験内容
    • ITC試験(多肢選択式(CBT試験))120分
      • 以下どちらかを選択
        • 基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2もしくは、
        • 基本問題(A)+応用問題(B)+選択問題1+選択問題2+選択問題3+選択問題4
      • IT経営認識プロセスに関すること(必須問題/基本問題(A))
        • ①変革認識における概要/基本原則/プロセスなど②是正認識における概要/基本原則/プロセス など③持続的成長認識における概要/基本原則/プロセス など
      • 経営戦略に関すること(選択問題1)
        • ①全体概要と基本原則/②経営の成熟度/③事業環境分析/④戦略/⑤プロセス改革⑥顧客(満足とマーケティング)/⑦知の経営/⑧財務マネジメント/⑨リスクマネジメント など
      • IT戦略策定に関すること(選択問題2)
        • ①全体概要と基本原則/②IT化の成熟度/③IT経営の意義/④業務プロセス最適化/⑤内外IT環境評価/⑥IT戦略の策定・展開/⑦セキュリティ&リスクマネジメント など
      • IT資源調達に関すること(選択問題3)
        • ①全体概要と基本原則/②IT資源調達の成熟度/③IT資源調達計画/④RFPの作成と発行/⑤調達先の決定・契約/⑥IT導入計画策定 など
      • IT導入に関すること(選択問題4)
        • ①全体概要と基本原則/②IT導入の成熟度/③IT導入/④業務プロセス改革とチェンジマネジメント/⑤総合テスト・移行 など
      • ITサービス活用に関すること(選択問題5)
        • ①全体概要と基本原則/②ITサービス活用の成熟度/③ITサービス提供/④IT戦略達成度評価/⑤IT環境の改革/⑥業務プロセス改革の提言 など
      • プロセス&プロジェクトマネジメントに関すること(必須問題/応用問題(B))
        • ①プロセスマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件②プロジェクトマネジメントにおけるプロセスおよび主要要件
      • モニタリング&コントロールに関すること(必須問題/応用問題(B))
        • ①全体概要と基本原則/②ビジネス活動・成果におけるモニタリング&コントロール/③IT活動・成果におけるモニタリング&コントロール など
      • コミュニケーションに関すること(必須問題/応用問題(B))
        • ①コミュニケーションにおけるプロセスプランニング/②リーダーシップ/③リレーション形成/④合意形成/⑤関係維持・調整/⑥ダイアローグ・デシジョン・プロセス など
    • 専門スキル認定試験(多肢選択式(CBT試験))90分
      • ITC試験の出題範囲のうち「ITCに求められる基本問題と応用問題」が対象。
      • 具体的には後述するITC試験問題構成図における(A)、(B)部分の60問で構成されます。
    • ケース研修
      • ケース研修は、「IT経営認識プロセス」、「経営戦略」から「ITサービス活用」にわたるITコーディネータの活動を、モデル企業の事例を題材に「グループ討議」「ロールプレイ」を通じて模擬体験をしていただくものです。有用な方法論、ツール類(バランスド・スコアカード、経営成熟度モデルなど)をリファレンスとして活用して課題に取り組むことにより、問題解決能力を体系的に習得できる、他に類を見ない研修です
  4. 受験日
    • ITC試験、専門スキル認定試験
      • 8月初旬から9月上旬
      • 2月上旬から3月中旬
    • ケース研修(年2回)
      • 6月から9月
      • 11月から2月
  5. 受験場所
    • ITC試験、専門スキル認定試験
      • 全国のCBT-Solution社・CBT試験会場
    • ケース研修
      • 北海道、千葉、東京、神奈川、富山、石川、愛知、京都、大阪、奈良、広島
  6. 受験手数料
    • ITC試験:19,440円
    • 専門スキル認定試験:9,720円
    • ケース研修:216,000円
  7. 受験願書申し込み受付
    • ITC試験、専門スキル認定試験
      • 7月初旬から8月下旬
      • 2月初旬から3月中旬
    • ケース研修
      • 3月から5月
      • 9月から11月
  8. 結果発表
    • 試験終了時
  9. 問い合わせ先
    • 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
    • 〒113-0021東京都文京区本駒込二丁目28番8号文京グリーンコートセンターオフィス9F
    • 電話番号:03-6912-1081
    • ホームページ:http://www.itc.or.jp/index.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です