DPC/PDPS初級の資格とは

shikakumatome

DPC/PDPSの基礎的な知識と実務の専門家」

DPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System)は日本において一般病棟の入院患者を対象として、医療費の定額支払い制度に使われる評価方法です。2003年4月より開始されています。診断群分類ごとに定められた1日あたりの点数で医療費を包括算定する方式です。当初は82の特定機能病院等でスタートしましたが、現在では、一般病床の約半数で導入されています。今後もさらに拡大していくことが予想され、病院勤務の医療事務者にとっては不可欠といえます。本試験は、DPC/PDPSの基礎的な知識と実務のスキルを計る検定試験です。

メリット

今後、民間病院でも導入が進むと思われる制度の為、有資格者は優遇されると思われます。転職にもステップアップにも役立ちます。

難易度

合格率は約50%程度

オススメ度:4(5段階中最高が5)

2004年から実用化され始め、今もDPC方式化が進んでいます。これから医療関係の仕事を目指すならば、DPC請求は決して避けては通れないと思われます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 特に制限なし
  3. 受験内容
    • 学科試験
      • 選択問題、計算問題、記述問題
      • 主としてDPC/PDPS請求と支払いのしくみ・DPC/PDPS診療報酬点数の算定方法・DPC/PDPSレセプトの作成についての知識
    • 実技試験
      • レセプトの作成、点検等
      • DPC/PDPSレセプトの作成・点検に必要な知識
  4. 受験日
    • 11月、1月 の 第4土曜日
  5. 受験場所
    • JSMA指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等
  6. 受験手数料
    • 6,700円(税込)
  7. 受講申請書受付
    • コンビニエンスストア、インターネット、申請書いずれかによる申し込み
  8. 合格基準
    • 実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。
    • 学科試験・実技試験
      • 各50%以上の得点をし、且つ、合計で70%以上
  9. 結果発表
    • 試験実施後1か月以内に文書にて通知
  10. 問い合わせ先
    • 技能認定振興協会(JSMA)
    • 〒101-8638 東京都千代田区神田佐久間町3-2 ソラスト秋葉原ビル2階
    • 電話番号:03-.3864-3559
    • ホームページ:http://www.ginou.co.jp/Default.aspx
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です