プリザーブドフラワーデザイナー認定試験口コミ評判

フラワーアレンジメント

プリザーブドフラワーデザイナー認定試験とは、花器や花に対する知識やフォーカルポイント、ガーランドなどフラワーアレンジメントに関するスキルを習得した人に贈られる資格です。

現在お花自体の価格も安くなってきた影響もあり、フラワーアレンジメントは多くの場面で活用されています。

結婚式場やレストラン、ホテルのロビーなど外に出かけると多くの場所で見かけることでしょう。

飾られている花によってその場所の印象は変わってきます。

ホテルのロビーに雑に花が置かれていたり、なんだか違和感のある組み合わせの花や、落ち着かない色のものが飾られていたら、もしそこが高級ホテルでも少しがっかりというかその場所の価値、というのは落ちてしまいますよね。

花一つとってもその場所全体を左右する重要なものなので、やはりプロの技が必要なのです。

そしてそのプロの技は多くの場所で活用されているので、花をデザインする人間の需要は年々高まってきています。

そこでこの「プリザーブドフラワーデザイナー認定試験」が有効となってきます。

この資格では自身も花に関する知識があるのはもちろん、取得後は講師として活動できるのです。

自分がデザイナーとして活動するのもよし、講師として人材を育てるもよし、はたまた両方の活動を行っていくもよしの花に関する仕事をしたい方にとって自分の夢に近づける心強い味方となってくれることでしょう。

この資格試験を行っているのが「日本インストラクター技術協会」という機関です。

 

日本インストラクター技術協会とは?

 

「教える力」と中心とした技術が一定以上の水準であることを認定し、資格を発行している

協会です。

他にも様々な資格試験を行っているので、自分の興味のあることで講師活動をと考えている方は一度この協会を検索してみてはいかがでしょうか。

 

【試験概要】プリザーブドフラワーデザイナー認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

【注目】口コミ評判

 

「フラワーアレンジメントに興味があり、働くことになった。そのうちに今度は自分の技術を誰かに教えるというステップアップを望むように。そこで講師として活動する上でもっと説得力が欲しいと思い資格取得を決意した。調べていくうちにこの「プリザーブドフラワーデザイナー認定試験」を見つけた。運営団体もインストラクター系の資格試験を行う団体の中でも有名なもので、有用な資格になると思った。独学は苦手だったので、通信講座で勉強することにした。働きながらだったが、自分のペースに合った学習で無理なく続けられて上手に資格が取得できたので良かった。資格取得の勉強ではあったが、ある程度知識があると思っていた自分の未熟な知識をもう一度見直すことが出来、実践的な内容でもあったので今後の活動で非常に役に立つだろうと思う。これからこの資格を活かし講師活動をしていくつもりだ。」
資格を取る中で自分自身の足りない知識を見つけられるというのは非常にこれからのためになるのではないでしょうか。

無理なく続けられてしっかり資格が取得できる通信講座というのも方法としては非常に良いものですね。
フラワーアレンジメント  フラワーアレンジメント

この記事を書いた人