食育資格人気比較

食育資格

皆さんは一体どんな食育資格があるかご存知でしょうか?現在日本では全国各地でフィットネスブームが巻き起こりつつあります。そこで、運動だけでなく食事を気にするという方も増える傾向となってきていますね。

その為か、食育資格が現在最も人気な資格として比較に入っているのですが今回のまとめは、食育資格の人気比較となっております。どんな食育資格があってどんな内容なのかということもご紹介していきますので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

第★ 食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーという資格ですが、これは初心者からでも始められることに加え、その割には非常に幅広い知識を手に入れることの出来る資格である為、非常に人気が高くなっております。
日常生活にも非常に大事な知識を初心者の方からでも身に付けられますし、家族の方への健康配慮の他に学校などで指導するという方には気軽に取得できる資格ということでも非常におすすめできますね。応用力のある知識というよりかは、一般的な初期段階での知識になりますので、そこはご理解をしておいてくださいね。
食育資格の中では最初に習得する方が多い資格である為、ダントツで人気度が高いですので、食育資格の取得を目指してみたいと思う方はぜひこの資格習得を目指してみてくださいね!

第管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、健康に関する知識を習得したいという方人気の資格となっております。この資格は比較的取得難易度は低めの設定となっていますが、栄養などの知識の他にもインストラクター的要素も必要となってきますので、一般知識から専門知識まで幅広く必要になってきます。

ですが、この資格が人気な理由は、勉強が苦にならないという点がありますね。栄養素や体への影響等を知っていくので、実際の私生活に関する知識がどんどん深くなっていくわけです。要は自分自身に直接関係する知識になってきますし、他人への説明も出来ますから人気となっていっているようですね。

第食育インストラクター

食育インストラクターという資格は、栄養士の資格とはまた違った資格となっております。食育健康アドバイザーと似た部分は初心者からでも習得のしやすい資格であること、そして取得することによって幅広い知識も身につくという点ですね。

この資格は厳密に言えば、栄養士が知識の幅を広げたりスキルアップするための知識として身に付けるものであるという認識が一番当たっているかと考えられます。ですので、介護施設や福祉施設などあらゆる場所で活躍の場を設けることの出来る素晴らしい資格だということを知っておいてくださいね。

第食育アドバイザー

この資格は基本的な考え方としては、食育系の資格を持った方のことを指しており、日本能力開発推進協会の制定する資格の一つです。取得難易度は他同様、難しくはないようですが、費用は掛かりますし、カリキュラムの修了が難点ですね。

まずこの資格を取得するには、日本能力開発推進協会が認める教育機関(通信教育など)でカリキュラムを修了しなければいけません。日本能力開発推進協会が公認している資格講座でキャリア カレッジ ジャパンの「食育アドバイザー資格取得講座」というものがあり、この講座は約 4 ヶ月ほどで修了できるように作られているようです。

資格取得までに掛かる費用は、41,600 円( 講座の受講料 36,000 円と試験料 5,600 円 )掛かります。

第食育メニュープランナー

この資格は「1汁3菜」を基本に四季に合った食材を利用したメニューを作ることが出来るようになるために取得する資格だと考えてよいでしょう。

「1汁3菜」は、平安時代から始まった栄養に重点を置いた和食の基本メニューであり、栄養バランスに非常に優れた健康的な食生活ということで世界からも認められているものです。そんなメニューを考える為に必要な資格だというわけですね。

この資格の素晴らしい点は、一人ひとりの体や年代など、あらゆるポイントに注目しながら知識を利用し、メニューを考えることの出来るようになるということですので、自分自身の栄養にも関係しますし、家族にも関係します。自らが自分や家族の体の調子を整えることの出来る資格ということになりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回のまとめは参考になったでしょうか。和食にもバランスが非常に難しいメニューは多いですが、今回ご紹介させていただいた資格を取得すれば、今までの知識が嘘のようになり、新たな素晴らしい知識が身に付くでしょう。

さらに、これらの資格はどれも難易度自体は低いため、多くの方が取得しやすい資格ですので、気軽に取得を目指すのも良いかもしれませんね。最後まで閲覧していただきありがとうございました。
食育  食育

この記事を書いた人