食育健康アドバイザー認定資格口コミ評判

食育資格

様々な資格が存在する中で、「食育」「食事」「栄養」をテーマにした資格は数多くあります。最近では一人暮らしの若者なども含め、個々人で食事を管理したり、少しでも栄養の良いものをと健康に留意したりする人が増えてきました。その中でも、日本安全食料料理協会(以下、JSFCA)が実施している、「食育健康アドバイザー認定試験」の口コミ評判についてまとめてみました。「食育」「健康」に関する資格取得を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 「食育健康アドバイザー」とは?

「食育健康アドバイザー」とは、JSFCAが認定している資格のことを指します。JSFCAの公式サイトより受験申し込みをすれば、誰でも簡単に在宅で受験することができます。

この資格を取得すれば、食育だけでなく生活習慣病などに関連する知識を有していることが証明されます。また、自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することも可能です。

この資格は「民間資格」に分類され、JSFCAが独自に設けた基準で試験を行い、その知識や技術を認定するものとなっています。ちなみに「民間資格」の中には、ファイナンシャルプランナー、臨床心理士、TOEIC、実用英語技能検定などがあります。履歴書にも記載できるものなので、積極的に取りたい資格と言えます。

 どんな人が取得するの?

なんといっても在宅で試験が受講できるということがミソではないでしょうか。子どもが生まれて、より食事に留意するようになったというママの声を多く聞きますが、そのような忙しいママさんたちにも、自宅で受験ができるこの資格はおすすめです。

あるいは、在宅介護などがきっかけで、食事について考えるようになった中高年の方々にも在宅で受験が可能なこの資格は大変便利です。

または、幼児期などの教育に携わる保育士の方や給食指導がある小学校の先生にも、この資格が有益であると言えます。食育の指導ができる栄養士や管理栄養士は国家資格となりますので、新たに学校で学びなおす時間や資金がないなら、同じように食育の指導ができる「食育健康アドバイザー」の資格が生かせます。

 いつ受験できるの?

2か月おきに試験期間が設けられています。受験申込期間は、受験月の前月1か月間となっております。申込み方法はJSFCA公式ホームページより、「食育健康アドバイザー認定資格」のページより受付ができます。試験期間は当月の20日~25日で、合否通知は翌月20日というスケジュールとなっています。詳しい日程については、公式ホームページをご覧ください。

 勉強方法、合格する方法は?

通信教育での取得が最短です。もちろん独学で勉強することも可能ですが、テキストを揃えたり自分で学習スケジュールを立てたりするのは、家事や育児、介護をしながらするには困難です。そのため、通信教育で学習してから受験に臨むことをおすすめします。

「食育健康アドバイザー認定資格」の講座を開いている通信教育は以下となります。

1.通信教育・通信講座SARAスクールジャパン

2.諒設計アーキテクトラーニング

いずれも、6か月の期間の受講を目安としており、卒業課題を提出すれば資格取得認定がもらえるコースもあります。計画的に学習する自信がない方や、確実に合格したい方はぜひ通信教育を活用してみてください。

 最後に

いかがだったでしょうか。少子高齢化と言われている日本ですが、実は食育とは子どもだけに向けられた教育ではないのです。今後どんどん需要が高まる分野になりますので、ぜひ何か資格を取得したいと考えている方は検討してみてください。

こんにちは。近年の激しい食の欧米化や食の多様化やヘルシーブームなどにより、ますます食への関心が強まっているのは感じられている方も多いと思います。今回紹介する試験はそんな食生活全般に対する深く、確かな知識を手に入れるためのものです。その認定試験は食育健康アドバイザー認定資格。聞いたことある方もそうでない方も今回は食育健康アドバイザー認定試験についてのあれこれを、この記事で書かせていただくので、最後まで読んでいただければ幸いです。

食育健康アドバイザーとは

前述にも述べましたが、食育健康アドバイザーは食に関する知識が豊富で、日常生活に高い応用性をもたらす資格です。言わずもがなですが、食はどの人にとっても切っては切れず、常にその知識が生かされるものです。そのわけあってか、今、食育健康アドバイザーはかなりの人気の資格になっています。自身にはもちろん家族や友人など、多くの人の役に立つ資格でもありますし、後述にも述べますが、勉強のしやすい制度になっているのも、人気の理由です。学習する内容としましては、食育の基本や外国における食育、食育と健康にまつわることなど、食育に関する広く深い知識を有さなければなりません。その分多くのところからの求人もあります。調理師や管理栄養士として働いている方にも有益で、ダブルキャリアとして高い評価を得られます。もちろん、食育健康アドバイザーのみでも、充分に仕事を務めることは可能です。食育のスペシャリストとして講師として勤めることもできますし、食方面の企業からも求人されることも多くあります。

勉強するにあたって

 食育健康アドバイザーの資格をとるには独学でも可能です。本屋に行けば、参考書なども取り揃えていますし、ネットで調べれば多くの学習法が載っています。また、独学に不安な方は、多くの通信講座が食育健康アドバイザーの資格取得のための講座を用意しております。前述にあげましたが、勉強しやすいという点は諒設計アーキテクトラーニングやSARA school japanなどの通信講座の質の良さからいえることです。多くの方が仕事や学業で忙しい中、通信講座は、受けてみてより実感されると思いますが非常に高い利便性を持っています。ネットで検索すると、すぐに出てくるので通信講座に興味のある方はぜひ、検索してみてください。また、これも勉強しやすい理由として挙げられるのですが、食育健康アドバイザーの認定試験は、1年のうちで、2カ月に1回のペースで開かれています。仮にある時点の試験で不合格でも、また再度挑戦しやすいことが食育健康アドバイザーの高い人気の理由でもあるのです。

食育アドバイザーに関するより、細かい勉強法はまた、次回の機会に書かせていただきたいと思います。

口コミ評判

前述に述べた通り、その高い汎用性と試験の受けやすさが多くの受講生から高い評価を受けています。実際多くの食に関する職業に従事している方々が資格によってより仕事がしやすくなっているとの声が挙がっています。一部の人は資格を取得することは不要で、実際の経験からなる知識が重要という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは、長い期間同じ職場や、同じ職業の方にいえることです。転職や、若さゆえに中々自らの力量に認められない方々も多くいらっしゃると思います。資格を取得することで、周りの人間からの評価を得られやすいですし、自らの力を表すのには最も手っ取り早い方法の1つです。また、食育健康アドバイザーに関していえば、食に関する広い知識を要するので、食に関する職業に転職の際に、あらゆる選択肢が増えること間違いないです。また、資格を取得すること自体が自らに自信を持たせるものです。食に関する確かな自信と、周りから高い評価をもらえる資格を合格したという2つの側面からの自信が、あなたの生活をいきいきとさせることといっても過言ではないです。最後までつたない文でしたが、読んでいただいた方本当にありがとうございました。この記事を読んで、食育健康アドバイザーに興味をもっていただいた方はぜひ、より調べられて、挑戦される場合は、合格することを切に願っております。
食育  食育

この記事を書いた人