野菜資格人気比較

野菜資格

近年、自宅に家庭菜園を設け、野菜を育てる方が増えてきています。品種改良により、プランターなどで作ることが出来るミニ野菜や、病気に強い品種などが開発されています。また、種から育てる手間を省くため、苗の状態で売られることも多くなり、誰でも野菜を育てることが出来るようになりました。

野菜は健康食材としても優秀で、ビタミンや鉄分、ミネラルなど、体の健康を保つために必要な栄養素を多分に含んでいます。
野菜を使った料理と言えばサラダが有名ですが、その他にも煮物や汁物、炒め物など、様々な料理に応用できるほか、塩に漬け込むなどして漬物にすれば、保存食としても役立ちます。

食べる野菜にこだわる人は、前述したように家庭菜園を設け自分で育てたものを食べています。容易に栽培できる品種開発されたとはいえ、野菜を栽培するには苗だけでなく、適した環境と栽培のための知識が必要です。
これから紹介する資格は野菜の調理法だけでなく、栽培法を学べるものもあります。野菜の基本を学んで、自分だけの野菜作りに励んでみませんか。

★.オーガニック野菜ソムリエ

日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定する資格です。オーガニック料理のおいしさや楽しさを伝えるスペシャリストに与えられます。

野菜料理の入門として最適な資格です。オーガニック農産物の基礎知識から、料理に使う調理器具の使い方や野菜の切り方など、野菜料理の基本的な知識を一から学ぶことが出来ます。
また、実践・応用的な知識として、オーガニック料理のレシピ開発や、栄養学・医学のとの関わりについても学んでいきます。

資格を取得した後、既定のコースを修了することで「シニア」や「エキスパート」といった更に上のコースを受験することが出来ます。
健康志向が高く野菜を使った健康的な料理を学びたい方や、野菜料理のレパートリーを増やしたい方、オーガニックについての正しい知識を身に付けたい方にお勧めします。

健康野菜の育て方インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格です。季節ごとの野菜の栽培法や栄養素、野菜に合う食材に関する知識を有していることが証明されます。

季節ごとの野菜の育て方や各野菜に含まれる栄養素など野菜に関する知識だけでなく、きのこ、穀類、ハーブ類などの野菜に合う食材に関する知識も求められます

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどでの活躍が出来ます。野菜の栽培について基本から学習したい人や、野菜以外の食材を活かした幅広い料理方法を学びたい方にお勧めです。

野菜ソムリエ

一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格になります。野菜・果実の知識を身に付け、その魅力や価値を社会に広めるスペシャリストとして、生産者と生活者の懸け橋となる方に認定されます。
コースは基本を学ぶ「野菜ソムリエコース」と、実践・応用を学ぶ「野菜ソムリエプロコース」、開業・起業を目指す「野菜ソムリエ上級プロ」の3つに分かれています。

野菜ソムリエコースでは野菜・果実の基礎知識とその伝達のノウハウを見つけ、生活力の向上や職場でのスキルアップに繋げていくことを目指します。
野菜・果物についての入門的なコースであり、野菜や果物の生産・流通、それぞれの品種やその違い、栄養素や健康への影響などの基本から、それぞれの品種に合わせた料理方法までを学びます。

野菜ソムリエプロコースでは、野菜・果物の専門知識を身に付け、その魅力や価値を社会に広めるスペシャリストを目指します。
野菜・果物とその加工品の販売促進・計画など、マーケディングやプランティングの手法や、栽培方法の基礎や農業の現状など生産の現場に関する要素、栄養摂取や衛生管理など専門的な観点から見た調理法など、実践的な知識を学びます。

野菜ソムリエ上級プロは、野菜ソムリエプロの資格を取得した方のみ受講できます。起業・開業といった事業の展開など、更なる活躍が可能になります。

野菜・果物の目利きや栄養素、調理法など野菜の幅広い知識が身に付き、生活・仕事において大いに役立ちます。その他、セミナー講師や食育活動、レシピ開発や食品販売など、様々な分野で活用できる資格です。
野菜の生産・加工などの職業に就いている・目指している方や、野菜の専門家としての活躍を目指している方、飲食関係の起業・開業などを目指している方に推奨する資格です。

野菜コーディネーター

一般社団法人 ホールフード協会が主催する資格です。野菜を摂取する・調理することに重点を置いた内容の資格になります。

味と栄養についての正しい知識と、それを踏まえた上での美容と健康に効率的な調理方法、ダイエットや身体の不調に効果的な症状別のレシピなど野菜を十二分に活用した調理方法を学べます。
その他、145種類の野菜・果物について品種別の特徴、野菜の適切な野菜選びの方法や、普段は使わない茎や葉などの部分を活用する方法まで学習できます。

協会認定の講座を修了することにより「野菜コーディネーター」の認定証が授与されます。認定後は協会から、野菜の魅力や価値を伝えていく活動のサポートを受けることが出来ます。

野菜が好きで、野菜について詳しくなりたい方や、野菜料理のレパートリーを増やしたい方、健康志向が高く、効率の良い栄養の摂取方法を知りたい方にお勧めします。

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格

日本能力開発推進協会 (JAFP)が認定する資格です。栽培技術と品種による栄養成分の違いや、野菜・果物の種別、産地、含まれる栄養素などの専門的な知識から、効果的な食べ合わせの調理法、下ごしらえや保存方法などの専門技術を備えているスペシャリストとして証明されます。

履修内容は、88品目・210品種に及ぶ野菜・果物の、それぞれの栄養素や鮮度、食べ頃などの基礎から、美容と健康にもたらす濃厚、効果的な食べ合わせなどの専門知識までを幅広く学びます。

協会の認定機関にて全カリキュラムを履修し、受験に合格すると認定されます。飲食業界で働く方や以外に、美容・医療・福祉などの業界で働く方々のスキルアップにも人気の資格です。また、料理教室・セミナーの開催を考えている人や、料理のレパートリーを増やしたい方など、一般の方々にもお勧めの資格です。
オーガニック野菜資格  オーガニック野菜資格

この記事を書いた人