酒粕資格人気比較

酒粕

みなさん、近年酒粕が大ブームですね。健康志向がささやかれる中酒粕の絶大な健康に対する効果が広まり現在空前絶後の大ブームとなっています。しかし、酒粕を自分でつくるのは意外と難しいものです。
市販のものを購入するのも一つですが、やはり添加物などを含んでいるので本当に健康のことを意識するのであれば自分で作ってしまうのが一番です。
また、市販のものを使うにしてもその使い道や酒粕を使った料理なども意外と難しいもので、それを習得すべく、現在ん酒粕に関する、資格がとても増えてきています。
しかし、ブームのおかげで酒粕に関する資格が増えすぎてしまい、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。
そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順に比較形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

★ 酒粕・糀マイスター

こちらは日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格で、十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は1,0000円です。
こちらの資格は、酒粕に関するその栄養素や、正しい選び方、アンチエイジング効果などの基本的な知識を習得することができます。
また魚料理や肉料理、野菜料理と、様々な種類の料理でどうつかうべきかどう生かすべきかということを学ぶことができます。酒粕を健康目的で摂取する方には必須とも言える資格です。
こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。
一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

酒粕ソムリエ

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は1,0000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。
こちらは、★の酒粕・糀マイスターと同じ運営元が主催している資格でどちらもそのレベルは高いです。また、酒粕・糀マイスターと同時取得というプランも用意されており大変お買い得な上、酒粕のプロフェッショナルとなることができます。
そして、こちらの資格ですが、基本的な酒粕の知識のみならず、それを取り入れ、健康的な生活を送る方法、ニキビや肌荒れなどへの役立て方などより、知識はもちろん、より実践的な酒粕の利用について学ぶことができます。
酒粕を使ったパックの作り方や、入浴剤の作り方なども学ぶことができ、まさにインストラクターと呼ぶにふさわしい資格です。
先ほども言った通りこの資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

糀食マイスター

こちらは、日本ナチュラルビューティスト協会主催の資格です。内容は基礎知識は学べるみたいですが知名度は皆無に等しく、値段が極端に安いというわけでもないので、★の酒粕・糀マイスターや2位の糀食マイスターの下位互換と言わざるおえません。
手軽に学びたい、取得したいという方には良いかもしれませんが、よっぽどのことがない限り取得する理由は薄いでしょう。

糀マイスター

こちらは、3位の糀食マイスターと名前は似ていますが、別物です。こちらは、日本糀文化協会主催の資格です。この資格は何回に分けて丁寧な講義を受けられるようですが、残念ことにオンラインには対応しておらず、わざわざ足を運ぶ必要があります。
地方の方や、就業中の方には大変不便であり、現実性は低いので4位とさせていただきましたが、時間があり、直接じっくり丁寧に学びたいという方にはお勧めできる資格です。

いかがでしたでしょうか?

今回は酒粕資格人気比較 を発表させていただきました。
酒粕は今とてもブームでその資格にも大きな価値がありますので、正しい知識のもと行いたい、資格を元にスキルアップや、転職を考えているなどいった方に是非参考になれば幸いです。
酒粕資格取得通信教育講座  酒粕資格取得通信教育講座

この記事を書いた人