運行管理者の資格とは

shikakumatome

事業用自動車の安全運行を管理する専門家」

運行管理者は、道路運送法及び貨物自動車運送事業法に基づき、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。自動車運送事業者(貨物軽自動車運送事業者を除きます。)は、一定の数以上の事業用自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者を選任しなければなりません。資格には旅客と貨物の2種類があります。

メリット

バス、トラック、タクシーなど運送系会社への就職・転職が考えられます

難易度

社会的影響の大きい事故が多いためか、年々合格率は減少しています。現在は20%前後

オススメ度:3(5段階中最高が5)

手当をもらえる会社も多くありますし、即戦力として採用されやすいです。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格
  2. 受験資格(以下のいずれか一つに該当するもの)
    • 試験日の前日において、自動車運送事業(貨物軽自動車運送事業を除く。)の用に供する事業用自動車又は特定第二種貨物利用運送事業者の事業用自動車(緑色のナンバーの車)の運行の管理に関し、1年以上の実務の経験を有する方
    • 国土交通大臣が認定する講習実施機関において、試験区分に応じた基礎講習を修了(受講予定の方は、試験日の前日までに修了)したもの
      • 貨物自動車運送事業輸送安全規則に基づき国土交通大臣から認定された講習実施機関で基礎講習を受講されたものは、貨物試験の受験資格となります。
      • 旅客自動車運送事業運輸規則に基づき国土交通大臣から認定された講習実施機関で基礎講習を受講された方は、旅客試験の受験資格となります。(実務経験がないものはこの基礎講習を受ける必要があります。)
  3. 受験内容
    • 貨物(30問)
      • 貨物自動車運送事業法(8問)、道路運送車両法(4問)、道路交通法(5問)、労働基準法(6問)、その他運行管理者の業務上必要な知識・能力(7問)
    • 旅客(30問)
      • 道路運送法(8問)、道路運送車両法(4問)、道路交通法(5問)、労働基準法(6問)、その他運行管理者の業務上必要な知識・能力(7問)
  4. 受験日
    • 第1回:8月下旬
    • 第2回:3月上旬
  5. 受験場所
    • 全国各地にて実施
  6. 受験手数料
    • 6,000円
  7. 受講申請書受付
    • 第1回
      • 書面もしくはインターネット:5月中旬から6月上旬
      • おまかせ申請:4月中旬から6月中旬
    • 第2回
      • 書面もしくはインターネット:11月上旬から12月上旬
      • おまかせ申請:10月上旬から12月上旬
  8. 合格基準
    • 以下を同時に満たす得点が必要です
      • 原則として、総得点が満点の60%(30問中18問)以上であること
      • 以下の出題分野ごとに正解が1問以上であり、「その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力」については正解が2問以上であること
        • 貨物自動車は貨物自動車運送事業法、旅客自動車は道路運送法:出題8問
        • 道路運送車両法:出題4問
        • 道路交通法:出題5問
        • 労働基準法:出題6問
        • その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力:出題7問
  9. 結果発表
    • 試験日より1か月以内
  10. 問い合わせ先
    • 公益財団法人 運行管理者試験センター 試験事務センター
    • 〒160-0007 東京都新宿区荒木町20番地 インテック88ビル4階
    • 電話番号:03-5367-2357
    • ホームページ:http://www.unkan.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です