賃貸不動産経営管理士の資格とは

shikakumatome

「賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家」

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。賃貸住宅は、人々にとって重要な住居形態であり、その建物を適正に維持・管理することは人々の安心できる生活環境に直結します。そのため、継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。

 

メリット

不動産業界への就職・転職へのアドバンテージ、また同業界傳キャリアアップにもつながります。また不動産投資を検討されている方にとっても有用です。

 

難易度

近年合格率は76.9%

 

オススメ度:3(5段階中最高が5)

賃貸不動産経営管理士講習(公式テキストを使用した2日間の講習:17,820円)を受講して受験する場合は出題40問のうち4問が免除されます。

 

資格概要         

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
  3. 受験内容(四肢択一、40問)
    • 賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
    • 賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
    • 賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
    • 管理業務の受託に関する事項
    • 借主の募集に関する事項
    • 賃貸借契約に関する事項
    • 管理実務に関する事項
    • 建物・設備の知識に関する事項
    • 賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)
  4. 受験日
    • 11月中旬
  5. 受験場所
    • 札幌、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄 (全国11会場)
  6. 受験手数料
    • 12,960円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 8月下旬から9月下旬
  8. 結果発表
    • 1月中旬
    • 資格としての有効期限はありませんが、資格者として名乗るためには、登録を受ける必要があります。(有効期限は5年間/登録料:6,480円)
  9. 免除
    • 賃貸不動産経営管理士講習(2日間の全講義)修了者が、賃貸不動産経営管理士を受験する場合、出題40問中、4問が免除されます。 (受講修了証は、発行から2年間有効。)
  10. 特例
    • 身体の機能に障害のある方で、車椅子の使用、拡大鏡の持込、補聴器の使用など、受験に際して特別の措置を希望される方は、必ず受験申し込みをする前に受付センターに相談後、申し込みを行って下さい。
  11. 問い合わせ先
    • 一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会
    • 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-1-5 東京駅前ビル8階
    • 電話番号:03-3548-8331
    • ホームページ:http://www.chintaikanrishi.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です