製菓衛生師の資格とは

shikakumatome

「菓子製造業で働く人の衛生面での管理に関わる資格」

パンやお菓子を製造するに当たって、公衆衛生や製造者の資質向上などを目的とし、安全性の高い食品を作る資格。調理師と同じように、業務そのものは資格がなくても行うことができるが、有資格者以外は名乗ることが出来ない名称独占資格である。

メリット

飲食店を開業する際に必要な「食品衛生責任者」と同等の資格でもあるので、独立を考えている場合は取得しておいた方がよい資格です。多くのパティシエも取得をしています。就職先としては菓子製造販売店、ホテル、レストランなどが挙げられます。

難易度

試験自体が都道府県によって異なる為、合格率もばらつきがあるが、おおよそ60%〜80%です。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

資格取得しておくだけで、一定の技術や知識を持ちあわせているという証明になりますので、就職や待遇面で有利になることがあります。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受験資格
    • 以下どちらかを満たしていれば、受験可能
      • 厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設において、1年以上製菓衛生師として必要な知識、技能を修得した者
      • 中学校卒業以上の学歴があり、食品衛生法第51条の規定による菓子製造業施設で2年以上製菓業務に従事した者(過去に2年以上の従事期間があれば、現在、製菓業務に従事していなくても構いません。)
  3. 試験科目(都道府県によって頃なる)
    • 学科試験(6科目、計60問、4肢択一方式)
      • 衛生法規
      • 公衆衛生学
      • 栄養学
      • 食品学
      • 食品衛生学
      • 製菓理論及び実技
    • 実技試験
      • 製菓実技は、「和菓子分野」「洋菓子分野」「製パン分野」の3分野の中から、受験者が1分野を選択して解答します。
  4. 試験日
    • 都道府県によって異なる
  5. 試験場所
    • 都道府県によって異なる
  6. 受験手数料
    • 都道府県によって異なる
    • 都道府県によっては、その県内に住所があり、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳を所持する者については、受験料が免除になる場合があります。
  7. 申し込み方法
    • 各都道府県衛生主管部へ問い合わせ
  8. 合格基準
    • 全科目の合計得点が満点の6割以上で、0点の科目が無いこと。(科目免除者も含む)
  9. 結果発表
    • 都道府県によって異なる
  10. 免除
    • 職業能力開発促進法施行令別表に掲げる検定職種のうち、菓子製造に係る1級若しくは2級又はパン製造に係る特級、1級若しくは2級のいずれかの技能検定合格証をお持ちの方は、製菓理論及び実技の試験科目の免除を受けられます。
  11. 問い合わせ先
    • 厚生労働省生活衛生局食品保健課もしくは各都道府県衛生主管部
    • ホームページ:http://www.mhlw.go.jp/

 

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です