薬膳調整師認定試験口コミ評判

薬膳漢方

 薬膳とは、東洋医学に基づいて、食物の薬理作用を応用して作る食事の事をいいます。この「薬膳調整師認定試験」は、その薬膳に関する知識を活かした調理をすることが期待される資格です。

薬膳は、どのような食事がその人の体質や臓器にあっているのかを考え、普段の食事では不足してしまいがちな栄養素を補ったり、薬膳独自の見地から食事を採ることによって、予防医学的な効果が期待される食事療法です。薬膳の考え方のなかには、体を温めたり冷やしたりする効果を持つ食材があると考えられており、春夏の温暖な時期には、体を冷やす効果のある食材を用いた薬膳を食し、秋冬のように冷涼な時期などは体を温める効果のある食材を用いた薬膳を食すことで、体調バランスを保つ効果があります。

 

薬膳調整師とは

 「薬膳調整師」は、薬膳に使用する食材、体調管理や体調改善に効果のある食材の専門的知識や食材の薬膳的な調理法によって、薬膳調理をする事が出来るようになる資格です。また、すでに調理師免許を取得しているという方のなかでは、併用して薬膳調整師の資格を取得される方も多く、飲食店などで薬膳メニューを取り入れてお客様に提供しているという方が増えています。薬膳調理師の認定資格を取得することで、あなたの料理に関する知識がますます充実されることと思われます。

また、調理の現場でのお仕事だけでなく、カルチャースクールなどで、この資格取得によって得た薬膳の知識を周りに伝える講師というフィールドも考えられます。この薬膳調整師という資格によって、あなたの活躍の場は広がることでしょう。

 

薬膳調整師認定資格の口コミ評価

この「薬膳調整師認定資格」を実際に受験された方からは、

「試験合格という明確な目標があったので、それに向けて勉強することで薬膳のことについての知識がとても効率的に得られた。」

「調理師として、和食レストランで働いていますが、この資格によって獲得した知識をお店のメニューに生かすことができ、お客様からもご好評を得ています。」

「家庭での食生活改善のために薬膳の勉強をしようと思い立ち、この資格を取得しました。」

「この資格で得た知識を料理の現場で活かしています。将来的には、薬膳に関するセミナーを開けるようになることが目標です。」

といった感想がよせられています。どれも、この認定資格がとても有用性があることについて触れたものでした。そういった感想から、この認定資格によって実践的な知識が習得できることがうかがい知れます。

 

試験の概要

「薬膳調整師認定試験」は、日本安全食料料理協会が主催する認定試験です。受験資格はなく、調理師の方でなくても誰でも受験可能な資格です。受験料は10,000円(消費税込み)となっており、インターネット上での受験申込みが可能です。試験は、在宅受験方式で行われ、自宅にいながらにしての受験が可能ですので、日々お忙しく、なかなか試験会場に行く時間がとれないという方にも気軽に受験していただける資格試験になっています。

さいごに

「薬剤調整師認定試験」は、薬膳に関する専門的知識を日々の料理に活かしていく実践的な資格です。是非、受験してみてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です