色彩インストラクター認定試験口コミ評判

色彩インストラクター認定試験とは、HSV色空間、HSVカラーモデル、HSBカラーモデル、色相、彩度、明度、色味、色のコントラスト、ハレーション、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系、オストワルト表色系、日本色研配色体系などの色彩に関する知識を幅広く問われる試験です。

色というものにこれだけ多くの知識があるとこれを見て知った方は多いのではないでしょうか。

色彩というのは目を開けて生活していれば毎秒何かしら目に入ってくるものです。

それらは私たちに様々な影響を与えています。

それは生き物が本能的に感じるものであり、例えば黄色と黒のボーダーの蜂は色で周りの生き物に自分は危険だと知らせていますね。

これを利用して人間は落ち着く色や興奮させる色、さまざまな場面で色を活用して人々の心を動かそうとしています。

商業だけを見てもなるべくお客様の購買意欲を掻き立てるための配色をお店にしていたり、例えを並べていけばきりがありません。

その配色を知識に基づきデザインするときに役立つのがこの「色彩インストラクター認定試験」です。

この資格ではさらにインストラクターとなることが可能で、この様に需要がある人材を育成する講師となることもできます。

講師として独立することで自分に合ったライフスタイルを確立することも可能ですし、企業で働く方ならば、この色彩の知識を持っていれば多くの場面で活躍できる上にそれを周囲に教えられるとなれば人材として重宝されることでしょう。

キャリアアップや仕事の幅を広げることになるのは間違いないですね。

さて、この「色彩インストラクター認定試験」を実施しているのが、「日本インストラクター技術協会」という団体です。

 

日本インストラクター技術協会とは?

 

日本インストラクター技術協会では、「教える力」を中心とした各技術の水準が一定以上のレベルであると認められた方に資格を発行している機関です。

現在社会の多様化により、これまでよりも細分化された多くの知識が必要となっています。

しかし、学校やスクールではその状況に急についていくことが出来ず、知識を広める講師の数はまだまだ追いついていないのが現状です。

この協会で発行される資格があればその講師として活動が可能になります。

しっかりと知識とスキルを身に付け、講師として活動を志す方にとって今のこの現状はチャンスです。

その時この協会が発行する資格は心強い味方となる事でしょう。

資格とは目に見える社会的信用、と言っても過言ではありません。

他にも多くの資格があり、講師として知識を人に伝えていきたい、そんな方は一度こちらの協会を検索してみてはいかがでしょうか。

 

【試験概要】色彩インストラクター認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

【注目】口コミ評判

 

「色彩に興味があり受験した。色彩に関する専門的な仕事をしているわけではないが、何か色を付けたり、色を決めたりするときにこの資格の知識を活かしている。少なからず自分の仕事の効率を上げているだろう。」

 

毎日見て触れる「色」に関する知識は、生きる知恵の一つではないでしょうか。

それを習得することはみなさんの生活をより豊かで過ごしやすいものにすると思います。
カラーセラピー  カラーセラピー

この記事を書いた人