臭気判定士の資格とは

shikakumatome

「悪臭苦情を解決するための、におい測定の専門家」

臭気環境分野で初めての国家資格です。全国で2万件以上も発生している悪臭苦情を解決するために、工場・事業所からのにおいを測定するのが主な仕事です。自治体からの委託を受けるためにも必須の資格です。臭気判定士免状の有効期限は5年間であり更新をしない場合は失効されます。

メリット

環境保全の必要性が年々増しています。委託測定による分析を行うサービス業などからの判定士が多い。分析機器で測るより、人間の嗅覚で測定する嗅覚測定法が主流となっています

難易度

ここ5年の合格率は20%から30%程度。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

ISO14001の取得を目指す企業が、自ら環境管理のために資格取得するケースも多くなってきています。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格
  2. 受験資格
    • 18歳以上の者
  3. 試験内容
    • 臭気判定士試験
      • 嗅覚概論
        • 嗅覚の仕組みやにおいの役割等に関する事項
        • 嗅覚の順応や閾値等、嗅覚の基本的な特性に関する事項
        • 嗅覚とにおい物質の関係に関する事項
        • 嗅覚検査やパネルの選定と管理に関する事項
        • においの評価に関する事項
      • 悪臭防止行政
        • 規制地域及び規制基準に関する事項
        • 臭気判定士(臭気測定業務従事者)に関する事項
        • その他の悪臭防止法、施行令、施行規則、告示等の内容に関する基本的事項
        • 悪臭原因物、悪臭苦情及び悪臭防止法の施行状況に関する事項
        • 臭気発生源及び悪臭防止対策に関する事項
      • 悪臭測定概論
        • 嗅覚測定法全般(測定法の種類、尺度間の関係、希釈等)に関する事項
        • 特定悪臭物質の性質・測定等に係る基礎的な知識に関する事項
        • 嗅覚測定の精度管理・安全管理に関する事項
        • 臭気調査、排ガス流量の測定、臭気の拡散に関する基礎的な事項
        • 臭気排出強度、脱臭効率の計算など測定結果の解析に関する事項
      • 分析統計概論
        • 統計の基本的な考え方に関する事項
        • 度数分布、代表値、散布度、単回帰、相関等のデータの基本構造に関する事項
        • 統計的推定、統計的仮説検定等に関する事項
        • 2点試験法、3点試験法等、臭気測定データの統計的処理に関する事項
        • 精度管理に用いる用語等に関する事項
      • 臭気指数等の測定業務
        • 試料採取に用いる器材とその取り扱いに関する事項
        • 試料採取方法に関する事項
        • 判定試験に用いる器材とその取り扱いに関する事項
        • 判定試験方法に関する事項
        • 臭気指数の算出(計算問題)
    • 嗅覚検査
      • 1~5までの番号のついた「匂い紙」から基準臭の付いた2つを嗅ぎ当てます
  4. 試験日
    • 臭気判定士試験:11月中旬
    • 嗅覚検査:各検査機関で随時実施
  5. 試験場所
    • 臭気判定士試験:東京、大阪、名古屋
    • 嗅覚検査:全国の検査機関
  6. 受講手数料
    • 臭気判定士試験:18,000円
    • 嗅覚検査:9,000円
  7. 受験申請書受付
    • 7月中旬から9月上旬
      • 公益社団法人におい・かおり環境協会
  8. 合格基準
    • 臭気判定士試験
      • 総合得点率70%以上
      • 各科目別最低得点率 35%以上
        • ただし、「臭気指数等の測定実務」については、問41~50の10題(A:文章問題)は35%以上、問51~55の5題(B:計算問題)は50%以上
    • 嗅覚検査
      • 1~5までの番号が書かれた5本のにおい紙のうち、基準臭液によりにおいの付いた2本の「におい紙」を嗅ぎ当てる方法で、5種類の基準臭について、においの付いたにおい紙を嗅ぎ当てられれば合格となります
  9. 結果発表
    • 臭気判定士試験:12月中旬
    • 嗅覚検査:各検査機関へ問い合わせ
  10. 問い合わせ先
    • 公益社団法人におい・かおり環境協会
    • 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-2-18 西新宿浅井ビル3階
    • 電話:03-5309-2422
    • ホームページ:http://orea.or.jp/about/hanteishi.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です