美容師の資格とは

shikakumatome

「美容師となるための国家資格」

パーマネントウエーブ、カラーリング、結髪、化粧等により、容姿を美しくする仕事が美容師です。ただしカミソリを使うことは原則として禁止されています。シャンプー台と施術椅子が別となっている場合が多いです。

メリット

理容室と美容室では、その店舗数が圧倒的に異なります。倍まではいかないまでも美容室の数が多い現状、活躍の場が多いと言えます。ファッションや女性のライフスタイルに興味がある場合は、美容師資格の方が適しています。

難易度

2月実施試験の合格率が50%から60%前後、8月実施試験の合格率は80%前後を推移しています。受験者数がピークだった2005年時は、47,000名もの申込者数でしたが、ここ最近は約6割程度の25,000名程度を推移しています。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

理容師同様、独立開業の可能性は当然あります。また上場企業などが経営する大型店などでは給与はもちろん福利厚生面も充実しているところもあります。スタイリストへのステップアップという可能性もあるので、資格取得後の努力次第というところです。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受験資格
    • 美容師養成施設で、次の課程を修了した人(平成10年4月1日以降に入学した人)
      • 昼間課程 2年以上
      • 夜間課程 2年以上
      • 通信課程 3年以上
    • 美容師養成施設で、次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た人(平成10年3月31日以前に入学した人)
      • 昼間課程 1年以上
      • 夜間課程 1年4ヵ月以上
      • 通信課程 2年以上
      • 平成14年3月31日までに1年以上の実地習練が終了していない人については、受験資格はありません
  3. 試験科目
    • 実技試験
      • 美容の基礎的技術
        • カッティング
        • オールウェーブセッティング
      • 衛生上の取り扱い
        • 身体・用具類の衛生状態及び衛生上の取り扱い
    • 筆記試験
      • 関係法規・制度、衛生管理(公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術)、美容保健(人体の構造及び機能、皮膚科学)、理容の物理・化学、理容理論
  4. 試験日(毎年2回実施)
    • 実技試験:A毎年2月頃実施、B毎年8月頃実施
    • 筆記試験:A毎年3月頃実施、B毎年9月頃実施
  5. 試験場所
    • 実技試験
      • 46都道府県で実施(滋賀県を除く各都道府県)
    • 筆記試験
      • 14都道府県で実施(北海道、岩手県、宮城県、東京都、神奈川県、石川県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、沖縄県)
  6. 受験手数料
    • 実技試験:14,700円(同時受験:28,500円)
    • 筆記試験:13,800円
  7. 申し込み方法
    • 受験願書の配布(A毎年11月上旬から下旬、B 5月上旬から下旬)
      • 公益財団法人理容師美容師試験研修センター
    • 受験申込(願書配布期間と同等)
      • 公益財団法人理容師美容師試験研修センターへ郵送
  8. 合格基準
    • 実技試験(以下両方の条件を満たす場合)
      • 衛生上の取扱試験:減点が30点以下であること
      • 基礎的技術試験
        • カッティングの減点が40点以下であること
        • オールウェーブセッティングの減点が50点以下であること
    • 筆記試験
      • 50問中60%以上の正答率であること
      • 関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、理容の物理・化学、理容理論のいずれの課目においても無得点がないこと
  9. 結果発表
    • A:毎年3月下旬
    • B:毎年9月下旬
  10. 免除
    • 実技試験及び筆記試験の両方を受験した人のうち、筆記試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、筆記試験の受験が免除されます
    • 実技試験及び筆記試験の両方を受験した人のうち、実技試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、実技試験の受験が免除されます
  11. 問い合わせ先
    • 公益財団法人理容師美容師試験研修センター
    • 〒 135-8507 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビル B棟9F
    • 電話番号03-5579-0911
    • ホームページ:http://www.rbc.or.jp/index.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です