編み物資格人気比較

編み物

みなさん、近年編み物に対する意識が日本で高まっていて、プチブームとも言える人気を博していることをご存知でしょうか。主婦の方を中心にその人気は増えていますが、やはりその理由はプロ並みのスキルで編み物をサクッとできるとカッコ良いからでしょう。

子供のマフラーを手編みしたり、またすぐ服を破ってくる年頃であれば、さっと可愛く縫ってしまったりできれば家計にも優しいです。そんな理由で編み物が人気で編み物に対する資格も増えてきています。しかし、その資格の数が少し増えすぎているというのも現状です。
そのため、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。
そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順に比較形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

★ 編み物マイスター

こちらは日本生活環境支援協会主催の資格で、十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は1,0000円です。
こちらの資格は、編み物に対する知識、、その歴史といった基本的なことから、道具のメンテナンス、編み物に適した糸の種類などプロとも呼べるこだわったところまで学ぶことができます。また、日常的な編み物のみならず、編み図の読み方、どのようなものが作れるかなど、編み物を商品として発売できるまでのスキルを学ぶことができる。
こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。
一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

手編みニットデザイナー

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は1,0000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。
こちらは、基礎的な知識を学べることはもちろんのこと、実際に簡単な作品を何度も作ることにより、より実践的なスキルを学ぶことができます。柄のある作品、柄のないもの、アフガン編み、メリヤスがみ、など手編みでおこなる多くのスキルを実践、習得することができ、インストラクターと呼べるにふさわしい資格です。
先ほども言った通りこの資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

かぎ針編み講師

こちらは、日本ヴォーグ社という企業の通信講座になります。こちらは、実力証明や、その認知度は低いですが、なんといっても月々4259円で学べるという大変お財布に優しい値段設定が魅力です。
ゆっくり趣味程度に学んでいきたいという方にはおすすめの資格です。

毛糸編物技能検定試験

こちらは、日本編み物検定協会主催の資格です。
公益財団法人化されているのでその内容は安心のものですが、毛糸編み物技能検定や、レース編み物技能検定など、コースが分かれており、また、毛糸編み物コースでいえば、1級から5級まで分かれており、種類は多いです。また、資格の提供のみで、講座など勉強方法はあまり提供されておらず、過去問と、独学にて試験を受けるしかなさそうです。
学習コストは高いですが、高い実力証明があるので、時間があり、勉強に自信のある方にはお勧めの資格です。

棒針編み講師認定

こちらも日本ヴォーグ社の通信講座です。
こちらは、先にも挙げた通り月々制の支払いとなり、その値段も5000円以下ととても安価なのが最大の魅力です。3位のかぎ針編み講師との明確な違いは定かではないですが、とにかくゆっくり安く学びたい方には良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

今回は資格人気比較を発表させていただきました。
ピラティスは今とてもブームでその資格にも大きな価値がありますので、正しい知識のもと行いたい、資格を元にスキルアップや、転職を考えているなどいった方に是非参考になれば幸いです。
編み物資格取得通信教育講座  編み物資格取得通信教育講座

この記事を書いた人