緑茶インストラクター口クミ評判

日本茶

こんにちは。最近日本茶の資格が流行っているのをご存知ですか?日本茶セレクターや日本茶インストラクターなど、近年の海外からの日本文化ブームや、東京オリンピックの影響からか、日本文化に代表される、日本茶の人気が高まっています。今回紹介するのは、そんな日本茶の資格の中でも、ひときわ目立ち、人気の資格です。それは緑茶インストラクター。知っている方も、そうでない方も、この記事を読んで、興味を持たれたら幸いです。

緑茶インストラクターとは

緑茶インストラクターとは、その名の通り、緑茶に関するあらゆる知識を携えた方に与えられる資格です。日本茶のエース格でもある、緑茶は、それだけでも多くの知識を求められます。緑茶に関する歴史や、緑茶に合っている料理などの知識などその範囲は多岐にわたります。その分、他の日本茶系の資格に比べ講師色の強いものとなっており、資格の勉強を通して、知識の取得をし、自らの生活にその能力を踏襲するだけでなく、お茶のプロフェッショナルとして働くこともできるのです。もしかしたら、日本茶セレクターの資格を知っている、有している方で何が違うかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。もちろんこの2つ、どちらもお茶に関する資格なのは当然なのですが、資格の内容が異なっています。どちらにも共通する内容もあるのですが、より、違いを明確にするのなら、日本茶セレクターは茶葉の種類や、茶葉の摘み方、茶葉の値段の決め方など、どちらかと言えば、お茶を飲む前お茶に関する周辺知識に重きを置かれています。もちろん、茶の淹れ方もあるのですが、緑茶インストラクターと比較すると、より上記の特徴が色濃く出ている傾向です。対する緑茶インストラクターは、茶に関する道具や、茶葉の保管方法など、よりお茶を淹れる際や、お茶を楽しんだ後に関する知識に重きを置かれている印象です。どちらがいいなどはありませんが、ご自身の仕事や趣味あったものを取得されるべきですし、W取得で、どちらの資格も取得するのも1つの手です。

口コミ評判

やはり、上記の通り高い汎用性を持ち、講師になりやすい緑茶インストラクターは多くの方から高い評価を受けています。試験は2カ月に1回のハイペースで開かれており、何度も再チャレンジしやすいものとなっています。また、試験の申し込みも試験自体も自宅でできるので、多くの方が平等に受けられるものとなっています。実際合格された人で都市部から離れている方はこの制度にとても感謝されていました。また、通信講座もこの資格を取得する後押しをしているものです。諒設計アーキテクトラーニング通信講座などに代表される通信講座は緑茶インストラクターの資格講座を用意していますし、かなり質の高いものを用意していると評判です。もちろん独学も1つの手でしょうが、やはり、お金を払う分、通信講座はかなり有益なものになっています。その特徴の1つに資格免除講座というものがあります。通常、資格は試験を通して、その得点で合否を決めるものですが、諒設計アーキテクトラーニング通信講座が用意している資格免除講座は添削課題をクリアし、卒業課題を提出すると、合格が必ず担保されるという驚きの制度です。実際に多くの方が、この資格免除講座を利用しています。やはり、決められたことやれば必ず受かるというのは、かなりの魅力だと思います。さらに、この制度、日本茶セレクターにあるのはもちろん、なんと、W免除も可能なのです。関連性の高い2つの資格だからできたことですが、試験を受けずに、さらに資格も必ず取れるのは、試験の不合格で発生する費用などを考えたら、かなり費用対効果の高いものになっています。

もしも、日本茶セレクターとのW取得を考えていた方はぜひ、ご利用ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上で緑茶インストラクターの認定資格についての記事を終わらせていただきます。いかがでしたか?もし、興味を持たれた方は、一度お調べになってみてください。その際に挑戦される場合は合格することを切に願っています。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です