紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶

昨今コーヒーショップがものすごい勢いでオープンしています。

それはチェーン店から個人店まで様々ですが、それに比例して紅茶の専門店も増えてきています。

しかし実際はコーヒーに比べればまだ数は少ないというのが実情です。

その背景には紅茶の関するしっかりとした知識を持つ人材が少ないということが挙げられます。

そこでこの紅茶マイスター認定試験では、紅茶に関する知識や経営方法などを学び資格を取得できる頃には、ティールームをオープンするレベルになることが出来ます。

紅茶を飲みたいという需要が多い今、専門店が少ないというのは非常にチャンスです。

こちらの資格を取得して、人気ティールームのオーナーになる、わくわくしてきませんか。

さて、この資格試験を行っているのが、日本安全食料料理協会という団体です。

 

日本安全食料料理協会とは?

 

食品や料理に関する基礎的な知識が、一定以上の水準であると認定する機関です。

この紅茶マイスター認定試験以外にも、さまざまな資格試験を行っておりどれも生活に密着した、身近なものばかりです。

資格を取得できるのと同時に、その知識はこれからの生活をがらっと変えるようなものもあるかもしれません。

これまでの生活がもっとよりよく、生活が豊かになることでしょう。

主婦の方から会社員の方まで、きっと一つは気になる資格があると思います。

日本安全食料料理協会で資格を取得して、ぜひもっと素敵な毎日を送ってくださいね。

 

【試験概要】

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

また、日本安全食料料理協会認定の通信講座ではコースによって、試験免除で卒業試験に合格することで資格を取得することが出来ます。

独学が苦手、時間がないなど資格取得の壁は多く存在しますが、通信講座がそれらの悩みを一気に解決してくれることになるかもしれません。

費用も比較的安価でアフターフォローもしっかりしているので、コスパは非常に良いと言えるのではないでしょうか。

これから勉強を始める方も、現在勉強中の方も一度、通信講座という方法も検討してみてはいかがでしょうか。

 

【好評】口コミ評判

 

「現在の仕事を退職したらカフェをオープンしたいと思っている。その計画の中で何か資格があった方が、お店自体の信用も上がるのではないかと考え、紅茶マイスター認定試験を受験することにした。実践的な経営の知識も学ぶことが出来たので、とても役に立つと思う。」

 

「以前紅茶アドバイザーの資格を取得し、その後も勉強を続けていたので紅茶に関しての知識に自信があり上級資格であるこの資格を取得してみようと思った。紅茶だけではなく経営の知識も必要で、一からだったがしっかり勉強して無事合格した。これがきっかけで今後ティールームをオープンしようと思っている。」

 

知識を習得しておいしい紅茶が淹れられるとなれば、自分のお店を出したい!そう思うのは自然なことですね。

またそのために取得することで、お店自体の信用も上がり、他のお店と差別化を図ることが出来るでしょう。

カフェやティールームをオープンしたいと考えたことのある方は多いのではないでしょうか。

もしかすると思っているよりもそれは手が届くものかもしれません。
紅茶  紅茶

この記事を書いた人