紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

紅茶

紅茶アドバイザー認定試験とは、茶葉の知識からカップやソーサーの選び方、紅茶の淹れ方からブレンドの仕方まで紅茶に関する基礎的な知識が問われる試験です。

現在コーヒーショップが増えてきていますが、その中で紅茶をおいしく飲みたい問い方も比例して増えてきています。

そのためカフェでもこだわりの紅茶を飲むことが出来るところもあり、その人気は年々上がってきています。

しかし実際はコーヒーに比べ、まだ紅茶に関する知識をしっかり持った人が少ないのが現実です。

自宅でおいしい紅茶を淹れたいと思っても、身近に詳しい人もおらず専門店を探すのも一苦労です。

そんな方はこの紅茶アドバイザー認定試験の勉強をすることで得た知識があれば、これからのティータイムが一変するでしょう。

また習得した知識で紅茶好きの仲間も増え、生活も豊かになっていくのではないでしょうか。

この資格試験を行っているのが日本安全食料料理協会という団体です。

 

日本安全食料料理協会とは?

 

日本安全食料料理協会とは、食品や料理に関する知識やスキルが一定以上の水準であると認定している機関です。

こちらではほかにもさまざまな資格試験を行っており、多くが日々の生活に密着したものです。

生活の知恵、を増やすことは人生を豊かにすることになりさらには資格も取得できるというのは一石二鳥ですね。

一度自分の興味のあるものがないか見てみるのも楽しいかもしれません。

 

【試験概要】紅茶アドバイザー認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

 

また、日本安全食料料理協会認定の通信講座を受講することで、コースによっては試験免除で資格を取得することが出来ます。

通信講座の卒業試験を合格することが条件となりますが、スクールでのしっかりとしたフォローがあるのでしっかりと勉強を進めてきた方は確実に取得できることになるのではないでしょうか。

受講料も比較的安価で、ネットでの通信講座のアンケートでも非常に好評です。

さらに紅茶アドバイザーの上級資格でもある、紅茶マイスターの資格も一緒に取得できてしまいます。

この資格を取得しようとしている方は、紅茶に関しての知識を深めより紅茶を楽しみたいという方でしょう。

それならばいっそ自分が考えていたより一歩先の資格も一緒にとってみてはいかがでしょうか。

なお、資格取得後のアフターフォローも手厚く、取得した資格をしっかりと活かすことが出来るそうです。

これまで独学で失敗した方はさまざまな理由があると思います。

資格は欲しいが忙しい、自分の時間配分だと無理があって続かない、わからないことがわかならいままでいつの間にか挫折してしまう、などなど。

しかし通信講座ならば、これらの原因が一気に解決します。

働く人のことを考えた無理のない勉強方法で、確実に取得へと導いてくれることでしょう。

費用対効果を考えてもメリットが上回るのではないかと思いますよ。

これから勉強をしようとする方や、今壁にぶつかっている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

【注目】口コミ評判

 

「将来はカフェ経営を考えており、コーヒーソムリエの資格と並行して受験しました。次回は上級資格であるカフェオーナー経営士認定試験と紅茶マイスター認定試験を受験する予定です。」

 

目標が決まっていると必要なものがしっかりと見えてきますね。

資格取得はみなさんの夢を着実に一歩現実に近づける、力強い味方となってくれるのではないでしょうか。
紅茶  紅茶

この記事を書いた人