第一種圧力容器取扱作業主任者の資格とは

shikakumatome

「蒸気発生による固体又は液体を加熱する専門家」

危険物等を製造するなどの化学設備とそれ以外のものに第一種圧力容器を区分して、それぞれの種類の大きさによって一定の資格を有する作業主任者を選任する必要があります。普通第一種圧力容器取扱作業主任者は、第一種圧力容器取扱作業に携る資格ですが、化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者がタッチする以外の作業にも関わります。

メリット

危険物取扱企業や化学設備関係企業名への就職・転職が考えられます。

難易度

講習と修了考査で取得できるため易しいです

オススメ度:3(5段階中最高が5)

講習で取得できるにもかかわらず、需要は結構高いため、転職などに有利ともいえる

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 普通第1種圧力容器取扱作業主任
      • 特に制限なし
    • 化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任
      • 化学設備関係の実務経験、5年以上
  3. 受講内容
    • 普通第1種圧力容器取扱作業主任
      • 第一種圧力容器の構造に関する知識
      • 関係法令
      • 第一種圧力容器の取扱に関する知識
      • 修了試験
    • 化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任
      • 第一種圧力容器の構造に関する知識
      • 関係法令、
      • 危険物及び化学反応に関する知識
      • 第一種圧力容器の取扱に関する知識、
      • 修了試験
  4. 受講日
    • 都道府県支部ごとに定期的に開催
  5. 受講場所
    • 全国都道府県
  6. 受講手数料
    • 普通第1種圧力容器取扱作業主任
      • 約12,000円程度
    • 化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任
      • 約17,000円程度
  7. 受講申請書受付
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください
  8. 結果発表
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください
  9. 問い合わせ先
    • 一般社団法人日本ボイラ協会
    • 〒105-0004 東京都港区新橋 5-3-1
    • 電話番号:03-5473-4500
    • ホームページ;http://www.jbanet.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です