窯業系サイディング施工士の資格とは

shikakumatome

「意匠性、施工性、防火性などに優れた住宅外壁に関する施工専門家」

窯業系サイディングは意匠性、施工性、防火性などが高く評価され、住宅外壁に最も多く採用されています。しかし外壁の品質は専門知識や標準施工をよく理解された施工者により確保されると言えます。正しく施工することは室内への雨水の浸入やひび割れなどの不具合を起こすことなく住宅外壁の耐久性を向上させるのに重要な役割を持っています。学科試験・実技試験に合格された方には「厚生労働省認定 日本窯業外装材協会社内検定 日本窯業外装材協会 窯業系サイディング施工士」(以下、「NYGサイディング施工士」と略す)として合格証(認定証)を交付されます。

メリット    

住宅関連企業、リフォーム会社などへの就職・転職が考えられます。

難易度

近年の合格率は約60%と易しい

オススメ度:3(5段階中最高が5)

「NYGサイディング施工士」に対しては、講習会などにより、住宅関連法規の改訂、新規工法や関連部材に関する最新情報の提供も行われております

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 窯業系サイディング施工士職に3年以上従事している方
  3. 試験内容
    • 学科試験(制限時間60分で50問、4者択一)
      • 概要、材料、施工法、施工管理と安全衛生、シーリング工事と塗装工事
    • 実技試験
      • 施工実技試験(制限時間:60分)
        • 横張り窯業系サイディング2枚(面積約3平米程度)を図面に従って張ります。
        • 試験範囲は材料準備から開口部廻り、縦目地部、入隅部のサイディングの施工と、タッチアップ、後片付けまでとします。
        • 審査のポイント:施工実技試験では試験架台のレベル確認から胴縁の取り付け~釘頭のタッチアップまでの作業における「安全面」 「段取り」「施工技能・施工時における配慮・要領・手順」「できばえ・完成度」「片付け」「責任感」等の全項目を総合して審査します。
      • 標準施工法チェック試験(制限時間:20分)
        • サイディング板を張ったモデル写真パネルを見て、下地、サイディング等の施工に関する設問25問に解答します。
  4. 受験日
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  5. 受験場所
    • 年度によって異なりますので、実施先までお問い合わせください。
  6. 受験手数料
    • 40,000円(学科試験:13,000円、実技試験:27,000円)
  7. 受験願書申し込み受付
    • 学科試験の約2か月前
  8. 結果発表
    • 試験終了後、約40日後
  9. 問い合わせ先
    • 日本窯業外装材協会
    • 〒104-0031 東京都中央区京橋 1-6-13 アサコ京橋ビル
    • 電話番号:03-5159-0680
    • ホームページ:http://www.nyg.gr.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です