福祉用具専門相談員の資格とは

福祉

「高齢者や障がい者に福祉器具のアドバイスを行う専門家」

介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売事業所に2名以上の配置が義務付けられている専門職です。他の介護保険サービスの専門職と連携しながら、高齢者の自立した生活を、福祉用具でサポートします。都道府県知事の指定を受けた研修事業者が実施する「福祉用具専門相談員指定講習」を受講し、50時間程のカリキュラムを修了する必要があります。講習の最後に、習熟度を測るための修了評価が行われます。

メリット

障害者や高齢者が介護保険の制度下でそのような用具を求める場合には、必ず専門家と相談しなければならないため、 福祉用具専門相談員は大変重要な資格です。

難易度

講習(50時間)で取得できるため易しいです。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

介護保険の拡大や益々の高齢化社会への突入で、今後需要が増える資格の一つです。福祉住環境コーディネーターなどの専門資格を合わせて取得することで、さらに活躍の場が広がると思われます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受講資格
    • 制限なし
  3. 受講内容(5~7日間で行われるため順番等は変更となる場合がある)
    • オリエンテーション、福祉用具の役割(1時間)
    • 福祉用具専門相談員の役割と職業の倫理(1時間)
    • 介護保険制度等の考え方と仕組み(2時間)
    • 介護サービスにおける視点(2時間)
    • からだとこころの理解(6時間)
    • 高齢者の日常生活の理解(2時間)
    • リハビリテーション(2時間)
    • 住環境と住宅改修(2時間)
    • 介護技術(4時間)
    • 福祉用具の特徴(8時間)
    • 福祉用具の活用(8時間)
    • 福祉用具の供給の仕組み(2時間)
    • 福祉用具貸与計画等の意義と活用(5時間)
    • 福祉用具による支援の手順と福祉用具貸与計画等の作成(5時間)
    • 修了評価(1時間)
  4. 受講日
    • 実施機関により異なります。詳しくは各都道府県などにお問い合わせ下さい。
  5. 受講場所
    • 全国各地
  6. 受講手数料
    • 実施機関により異なります。詳しくは各都道府県などにお問い合わせ下さい
  7. 受講願書申し込み受付
    • 実施機関により異なります。詳しくは各都道府県などにお問い合わせ下さい
  8. 結果発表
    • 実施機関により異なります。詳しくは各都道府県などにお問い合わせ下さい
  9. 問い合わせ先
    • 一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会
    • 〒108-0073 東京都港区三田2-14-7 ローレル三田404
    • 電話番号:03-5418-7700
    • ホームページ:http://www.zfssk.com/

福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です