福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉

高齢化社会が進む日本社会のなかで、福祉関連の資格保持者への需要が高まっています。この「福祉心理アドバイザー認定試験」は、福祉についての基本的な知識や心理に関する知識、そして、それらを教える能力が一定以上であるとみなされた人へ認定される資格です。類似の資格に「福祉心理カウンセラー認定試験」がありますが、こちらの方は、どちらかといえばカウンセリング業務に従事する方向けの資格であり、この「福祉心理アドバイザー認定試験」は、自らの専門知識を教える立場に立つ方向けの資格です。

 

福祉心理アドバイザーとは?

福祉心理アドバイザーは、日本インストラクター技術協会が認定する民間資格です。高齢化が叫ばれる昨今、多くの団塊の世代が後期高齢者層に入る2025年には、爆発的に高齢者の人口が増えるとされています。そういった日本社会の中で、福祉を取り巻く人たちの心のケアの必要性が叫ばれています。福祉の現場での心理的問題は、社会問題にまで発展しており、福祉心理の専門家の充実が急務となっています。

そういった福祉を取り巻く現状の中で、福祉心理アドバイザーは、福祉サービスの利用者だけでなく、その家族や福祉サービスに従事する人の心のケアを引き受けることのできる資格です。また、カウンセリングなどの心のケアだけでなく、カルチャースクールなどでの講師になり、その専門知識と経験を伝えることができます。

福祉心理アドバイザーの認定資格を取得すれば、福祉の現場だけに限らず、講師として様々なフィールドで働くことができます。ステップアップを目指す福祉従事者の方にとっては、とても魅力的な資格といえるでしょう。

 

福祉心理アドバイザー認定資格の口コミ評判

福祉心理アドバイザー認定資格を受験した方は、

「心理学に興味を持っており、これから重要性が増す福祉の専門的な心理学を学びたいと思い、受験しました。」

「福祉業界への就職活動の際、この認定資格を持っていることが大きなアピールポイントになりました。」

「福祉サービスの利用者の方だけでなく、そのご家族の心のケアもできるようになり、ご家族との関係性も良好になった。」

「現在、福祉の仕事に就いておりますが、福祉心理アドバイザーの受験勉強で得た知識が、実践的に生かせています。患者さんの心理がよく理解できるようになり、ステップアップになった。」

「将来的には、この資格と知識を生かして講師の仕事をしたいと思っています。」

などの声が寄せられています。資格を取得したことで、一定の専門知識があることの客観的な証明になり、就職活動で大きな武器になったという方や、将来のステップアップにつながったという感想を持たれた方が多いようです。

 

試験の概要

「福祉心理アドバイザー」は、日本インストラクター技術協会が主催する認定試験です。試験の概要については、以下の通りです。

受験資格       なし (誰でも受験可能です)

受験料         10,000円(消費税込み)

申し込み       インターネット上

合格基準       約70%

出題内容       基礎的な心理学・介護に関する基礎知識・児童福祉学など

福祉心理アドバイザーの通信教育も各種用意されているので、なかなか勉強するお時間が取れないという方でも、通信教育による効率的な学習が可能です。利用すれば合格可能性が高まることでしょう。

さいごに

以上紹介したように、福祉心理アドバイザー認定試験は、福祉の現場で働く心理の専門家として、非常に有用な資格です。あなたのステップアップに、この資格の取得をご検討してみたはいかがでしょうか。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です