理学療法士の資格とは

shikakumatome

「動作の専門家、医学的リハビリの専門職」

Physical Therapist(PT)とも呼ばれており、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。病気や事故などによって障害を負った人に対して、社会復帰を目的に、患者の運動機能回復治療を行う技術者です。基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援します。

メリット

主な就職先としては、病院、クリニック、老人ホームなどの介護護憲関連施設などが挙げられます。人数は少ないですが、プロスポーツチームに所属する理学療法士もいます。

難易度

ここ数年の合格率は80%を超えるほど高い水準で安定しています。しかし難易度が低いという意味ではなく、しっかり勉強している方たちのみが受験しているという状況であります。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

福祉の分野まで仕事の範囲が広がっている理学療法士は男女ともに人気が高いようです。とりわけ出産後も働ける仕事であることから女性の人気が高いです。夜勤が少なく定時で終われるという理由からのようです。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受験資格
    • 学校教育法(昭和22年法律第26号)第90条第1項の規定により大学に入学することができる者(法第11条第1号の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第6項の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む。)で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したもの
    • 外国の理学療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの
    • 法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、理学療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの
  3. 試験科目
    • 筆記試験
      • 一般問題(1問1点で160点満点)
        • 解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法
      • 実地問題(1問3点で120点満点)
        • 運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法
    • 口述試験および実技試験
      • 重度視力障害者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法
  4. 試験日
    • 筆記試験:2月下旬
    • 口述試験および実技試験:2月下旬
  5. 試験場所
    • 筆記試験
      • 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県
    • 口述試験および実技試験
      • 東京都
  6. 受験手数料
    • 10,100円
  7. 申し込み方法
    • 受験願書の配布(12月中旬から1月上旬まで)
      • 理学療法士国家試験臨時事務所、郵送請求も可
    • 受験申込(12月中旬から1月上旬まで)
      • 理学療法士国家試験臨時事務所
  8. 合格基準
    • 一般問題を1問1点(160点満点)、実地問題を1問3点(120点満点)とし、次の全てを満たした者を合格とする
      • 得点168点以上/280点
      • 実地問題 43点以上/120点
  9. 合格発表
    • 3月下旬
  10. 特例措置
    • 視覚、聴覚、音声機能又は言語機能に障害を有する者で受験を希望する者は、指定する期日までに厚生労働省医政局医事課試験免許室又は理学療法士国家試験臨時事務所に「国家試験の受験に伴う配慮事項申請書」を用いて申し出ることが必要。申し出た者については、受験の際にその障害の状態に応じて必要な配慮を講ずることがある
  11. 問い合わせ先
    • 理学療法士国家試験臨時事務所
    • 〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目20番5号
    • 電話番号03-5200-5860

 

    • 厚生労働省医政局医事課試験免許室
    • 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
    • 電話番号03-5253-1111

 

 

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です