犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

ブリーダー

犬や猫といった動物は昔から人間に愛され、最高のパートナーとして親しまれています。日本ではペットブームが到来しており、各家庭で犬や猫を飼うケースが非常に多くみられます。テレビ番組でもペットを扱うものは評判がよく視聴率稼いでいます。インターネット上のブログでもペットブログはかなりの人気を誇り、SNSでも自分のペットの紹介や、他の家庭のペットを見ることが盛んに楽しまれています。

愛くるしい犬や猫に携わる仕事がしたいと思う方も多いでしょう。しかし、仕事といっても様々な種類があり、必要とされる資格や知識も異なります。選ぶ段階で大変ですね。

今回は皆さんにブリーダーに関する資格試験をご紹介したいと思います。この資格試験では主に犬・猫のブリーダーになるために必要な知識を問われることになりますが、その他ペット全般的な知識も身に付ける必要がるので、後々役に立つことになるでしょう。

犬・猫ペットブリーダー

JLESA日本生活環境支援協会が認定している資格に「犬・猫ペットブリーダー」というものがあります。その名の通り、犬と猫のブリーダーに関する知識が問われるわけですが、ブリーダーとして開業するにあたって必要な知識や事前情報から学ぶことができます。その他ペットの全般的な繁殖方法や特徴を身に付ける必要があるので、資格習得後はいっぱしのペットスペシャリストです。

試験の概要

受験資格は特に必要ありません。犬・猫に興味があり、ブリーダーとして何が必要なのか知りたい方はぜひ受験をおすすめします。単に資格が欲しいと言ったかたにも敷居が低い資格試験なのでおすすめできます。受験料は消費税込みで10000円となっています。日本生活環境支援協会から受験票、解答用紙、試験問題が発送されてくるので、代金引換という形で配送スタッフに支払うことになります。日本生活環境支援協会のホームページから受験申請することができます。受験方法は在宅受験となっており、家にいながら安心して試験に臨めます。合格するには70%以上の評価が必要です。この資格試験合格を目指して得た知識は、ペット全般に役立つものとなるので、しっかりと勉強しておきましょう。

試験日程

毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に試験が開催されます。受験申請期間は試験当月の前の月の間となっています。2月試験を受けたいのであれば1月中に受験申請しておきましょう。受験票、試験問題、解答用紙は協会から随時発送となっています。試験期間は試験当月20日から25日の間の5日間となっています。答案の提出期限が定められていて、試験を受けた月の末日までに協会の方へ送る必要があります。気になる試験の合否通知ですが、試験を受けた次の月の20日に発送されるそうです。

口コミ

ブリーダーとして働きたい方には、事前準備から就業中に必要なことまで全て身に付けることが出来るこの資格はおすすめです。ペットに携わりたいというだけでは仕事にすることは難しいので、しっかりと知識を身に付けて夢をかなえたいですね。

ペットの需要は年々高まるばかりなので、ブリーダーも今後ますます必要とされるでしょう。

ただ、やはり気になるのが実際に受験した人の口コミ・評判ですよね。調べてみたところ非常に良い感想が多かったので、紹介してみます。
「ブリーダーとして働きたいと考えていましたが、何が必要なのか分かりませんでした。今回この試験を受けることによって、ブリーダーに必要な知識を必然的に学ぶことができたので良かったです。」

「ペットの繁殖についてニュースで見かけることが多かったので、自分自身知識をつけたいと思い受験しました。知識を身に付けることを目的としていたので、わざわざ試験会場に移動する手間が省けたのは良かったです。」

まとめ

この資格をまず第一歩として、ペットの世界に踏み込むきっかけになればと思います。ブリーダーやペットには多くの情報量があふれていますが、この資格1つで必要なものは身に付けることが出来るかと考えられます。ペット好きな方にも、ブリーダーになりたいと考えている方にもおすすめの資格です。
ブリーダー  ブリーダー

この記事を書いた人