犬・ドッグトレーニング資格人気比較

ドッグトレーニング

世界的なペットとして人気が絶えない動物が「犬」ですね。家族の一員として扱われることも非常に多くなってきましたが、古くから人間の近くにいて、癒しの存在として活躍してきましたね。

しかし、そうやってこれたのは人間が犬にしっかりとしたしつけが行えていたからなのです。正しいしつけを行うことで、人間と犬とが充実した生活が出来る準備をしましょう。

さて、犬と人とが暮らすこの世の中で、犬のしつけやトレーニングをする人材というのもまた需要が高くなってきております。今回はそんなしつけやトレーニングに関する資格をご紹介していきましょう。

第★ ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーというのは日本生活環境支援協会が主催する資格認定制度による民間資格の一つで、家庭犬のしつけについて基礎的な知識を持ち、またトレーニングを行う手順等を確実に身につけている必要のある資格です。例えば。アイコンタクト、ハンドサインなどのスキルを身につけ、他にも様々な内容のスキルを必要としています。

最近では、家庭内で飼うということが主流になっているので、しつけができていなければ、互いに居心地の良い空間を創ることが難しくなってきますよね。資格を取得することで、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍できますし、他にもカルチャーセンターやセミナーなどでも講師としての立場で教育も行えるようになります。

第犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターは日本インストラクター技術協会が主催する資格認定制度による民間資格の一つで、その名の通り、しつけの方法や犬への教え方、公共でのマナーやしつけ全般の知識とスキルを有した資格となっております。犬と人間とが互いに、快適に暮らしていくためには、しつけを行うことで、お互いにストレスの無い生活を必要としますが、この資格ではそれが可能になります。

警察犬などのように高いスキルを身に付けさせるというような必要はないのですが、家庭犬のしつけは日々の暮らしをするためには、正しく行儀良いしつけが行なえることは、現在非常に大切なスキルなのです。

第家庭犬ドッグトレーナー

家庭犬ドッグトレーナーは国際家庭犬トレーニング協会が認定する民間資格の一つで、家庭犬トレーナー1級と家庭犬トレーナー2級にクラス分けされており、犬の生態や飼育方法、トレーニング技術などの知識が必要となります。

この資格は、家庭犬トレーナーとしての知識が必要なのはもちろんですが、自分の家の犬のしつけではなく、プロとしてドッグトレーナーの仕事をしていく方に必要な資格なのです。ですので、求められる知識や技術も高く、専門知識を習得する必要があります。

第JSCA認定ドッグトリマー

JCSA認定「ドッグトリマー」は日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定する民間資格の一つで、JCSAというのは簡単にいうと、ペット業に従事する人材育成や技能向上を目的としている団体のことを指しており、就労支援までを視野に入れて活動しています。

ドッグトリマーというのは、マスターライセンス、インストラクターライセンスA級、B級、C級と資格がクラス分けされており、それぞれに応じた専門知識とスキルが求められる資格で、意欲のある方でないと資格取得は難しいですね。資格取得には、JCSAの協会認定校で養成講座を受講し、カリキュラム終了後に認定試験を受ける必要があります。

第JSCA認定ドッグトレーナー

JCSA認定「ドッグトレーナー」は上記でご紹介しました、ドッグトリマー資格と同じ日本キャリア教育技能検定協会が認定する民間資格の一つで、犬を飼っていく上では大きな問題となってくるのがペットトラブルですが、それを回避するために、飼い主の相談役としてプロとしてのアドバイスやトレーニングを行える資格となっております。

マスターライセンス、インストラクターライセンスA級、B級、C級と資格がスキルに応じてクラス分けされており、養成講座を受講する必要がありますが、ドックトリマーと同じような資格だと考えれば間違いありませんね。

まとめ

今回は犬・ドッグトレーニングに関する資格をご紹介させていただきました。どの資格にも共通していることは、しつけを行える技術必要ということですね。犬と人間とがお互いに居心地の良い空間を創る為に必要なスキルをこれらの資格を通じて取得していきたいですね。

意欲さえあれば資格取得は可能ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!最後まで閲覧していただき、ありがとうございました!
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

この記事を書いた人