特殊建築設備調査資格者の資格とは

shikakumatome

「特殊建築物の定期検査を行う専門家」

デパート、ホテル、病院など、不特定多数の人が利用する特殊建築物などは、老朽化や設備の不備などがあると、大きな事故や災害につながる恐れがあります。それら特殊建築物を定期的に検査する専門家となります。

メリット

事故を未然に防ぐため、建物や設備を定期的に調査・検査し、報告するという仕事のため

建設設備会社などが就職先・転職先となります。

難易度

講習後の修了考査だけのため比較的易しいです。

オススメ度:4(5段階中最高が5)

いわば建物の健康診断ですが、事故になった場合の被害は尋常ではないため、需要は大きいです。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 指定学科で大学の大学を卒業し、実務経験、2年以上の者。
    • 指定学科で3年制短大(夜間を除く)を卒業し、実務経験、3年以上の者。
    • 指定学科で2年制短大を卒業し、実務経験、4年以上の者。
    • 指定学科で高校を卒業し、実務経験、7年以上の者。
    • 建築に関しての実務経験、11年以上の者。
    • 特定行政庁職員として建築行政に関して、2年以上の実務経験者。
    • 消防吏員として、5年以上の火災予防業務の実務経験を有する者 8.甲種消防設備士として、実務経験、5年以上の者。
    • 防火対象物点検資格者として、実務経験5年以上の者。
    • 上記と同等以上の知識及び実務経験を有する者。
    • 指定学科とは以下を指します。
      • 建築工学科、建築学科、建築科、建設工学科、環境デザイン学科、環境都市工学科、建築CAD設計科、建築設計科、住居学科、建設科、建築デザイン科、生活環境学科、建設環境工学科、建築設備工学科、建築デザイン学科、住居環境科、デザイン学科、土木学科、土木工学科、建築設備工学科、建築設備科、設備工業科、衛生工業科、機械工学科、機械学科、建築科、生産機械工学科、精密機械工学科、応用機械工学科、電気工学科、電気学科、電気科、電気技術科、電気工作科、電子科、電子工学科、電気電子工学科、電気通信工学科、通信工学科
  3. 受講内容
    • 一日目
      • 特殊建築物等定期調査制度総論
      • 建築学概論
    • 二日目
      • 建築基準法令の構成と概要
      • 特殊建築物等の維持保全
      • 建築構造
    • 三日目
      • 防火・避難
      • その他の事故防止
    • 四日目
      • 特殊建築物等調査業務基準等
      • 修了考査
  4. 受講日
    • 東京:10月上旬および12月上旬
    • 福岡:10月下旬
    • 名古屋:11月中旬
    • 大阪:11月中旬
  5. 受講場所
    • 名古屋、東京、大阪、福岡
  6. 受講手数料
    • 50,760円(テキスト代含む)
  7. 受講申請書受付
    • 6月上旬から各会場とも開催4週間前まで
  8. 合格基準
    • 修了考査の結果が、出題数30問のうち、20問以上正解した者
  9. 合格発表
    • 実施機関へお問い合わせください
  10. 問い合わせ先
    • 一般財団法人 日本建築防災協会
    • 〒105-0001 港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル3F
    • 電話:03-5512-6451
    • ホームページ:http://www.kenchiku-bosai.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です