特別管理産業廃棄物管理責任者とは

shikakumatome

「特別管理産業廃棄物業務の管理専門家」

特別管理産業廃棄物を生ずる事業場ごとに置くことが必要とされている資格。感染性産業廃棄物を生ずる事業場と、感染性産業廃棄物以外の特別管理産業廃棄物を生ずる事業場では、その資格要件が異なります。

メリット

特別管理産業廃棄物は、人の健康や生活環境に被害を及ぼすおそれがある性状であるため、適正に保管し処理する必要があります。

難易度

講習のみで取得できるため、難易度としては易しいです。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

事業者自らが資格を取っていることが多いので、この資格だけで就職、転職に有利というわけではありません。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 感染性産業廃棄物を生ずる事業場
      • 医師、歯科医師、薬剤師、獣医師、保健師、助産師、看護師、臨床検査技師、衛生検査技師、歯科衛生士
      • 環境衛生指導員の職に2年以上ついたもの
      • 大学(短期大学を含む)、高等専門学校で医学、薬学、保健学、衛生学、獣医学の課程を卒業した者又はこれと同等以上の知識を有すると認められる者
    • 感染性産業廃棄物以外の特別管理産業廃棄物を生ずる事業場
      • 環境衛生指導員の職に2年以上ついたもの
      • 大学の理学、薬学、工学、農学の課程で衛生工学、化学工学の科目を修得して卒業後、2年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験がある者
      • 大学の理学、薬学、工学、農学又は相当課程で衛生工学、化学工学以外の科目を修得して卒業後、3年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験がある者
      • 短期大学、高等専門学校で理学、薬学、工学、農学又は相当課程で衛生工学、化学工学の科目を修得して卒業後、4年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験を有する者
      • 短期大学、高等専門学校で理学、薬学、工学、農学又は相当課程で衛生工学、化学工学以外の科目を修得して卒業後、5年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験を有する者
      • 高等学校、中等教育学校で土木科、化学科又は相当学科を卒業後、6年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験を有する者
      • 高等学校、中等教育学校で理学、工学、農学又は相当科目を修得して卒業後、7年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験を有する者
      • 10年以上の廃棄物の処理に関する技術上の実務経験を有する者
      • これらの者と同等以上の知識を有すると認められる者
  3. 受講内容
    • 海洋汚染に関する国際的な動向と国内関係法令
    • 通う汚染に対する船での管理状況
    • 管理業務手法など
    • 終了考査
  4. 受講日
    • 1月下旬から2月上旬
  5. 試験場所
    • 横浜、神戸
  6. 受講手数料
    • 12,000円~14,000円程度
  7. 受験申請書受付
    • およそ11月中旬から1月上旬までに申し込み
    • 関東運輸局もしくは神戸運輸監理部
  8. 合格基準
    • 各指定教習機関によって異なりますので、詳しくは実施期間までお問い合わせください
  9. 結果発表
    • 各指定教習機関によって異なりますので、詳しくは実施期間までお問い合わせください
  10. 問い合わせ先
    • 国土交通省関東運輸局
    • 〒231-8433 神奈川県横浜市中区北仲通5-57 横浜第2合同庁舎
    • 電話:045-211-7204
    • ホームページ:http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/
    • 国土交通省神戸運輸監理部
    • 〒650-0042 神戸市中央区波止場町1番1号 神戸第2地方合同庁舎5階/6階
    • 電話:078-321-3141
    • ホームページ:http://wwwtb.mlit.go.jp/kobe/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です