漢方コーディネーター認定試験口コミ評判

薬膳漢方

不定愁訴(ふていしゅうそ)という言葉をご存知ですか?原因が判明しない、冷え性や肩こり、頭痛などの自覚症状のことです。西洋医学では病気とされない、そういった症状に対して治療を施すのが漢方の大きな役割のひとつです。他にも、最近では、不妊治療で漢方が利用されています。「漢方コーディネーター認定試験」は、そういった漢方や漢方薬に対する専門的な知識を用いて、漢方独自の診断や養生方法のアドバイスなどで、こういった不定愁訴に悩める人たちを漢方で癒すといった役割が期待されます。

 漢方コーディネーターとは

「漢方コーディネーター」とは、漢方独自の観点から、体の不調に悩める人たちにアドバイスやカウンセリングを施すといった役割を担っています。「漢方コーディネーター認定試験」は、漢方・漢方薬に関する知識、及び、それを用いた診断・養生に関して一定の知識を持っているという方に認定される資格です。

そもそも、漢方薬とは、植物の根や葉、茎など自然由来の生薬のことです。自然の成分によって作られる漢方薬には副作用もなく、西洋医学ではアプローチできない体の不調を癒すことができるということから、最近では、西洋医学の方面からも注目を浴びています。

漢方コーディネーターは、漢方の専門知識を使って、体の不調に悩める人の助けになれるだけでなく、自らのその知識を講師として広めるという活躍の場も用意されています。

 

漢方コーディネーター認定試験の口コミ評判

漢方コーディネーター認定試験を実際に受験された方からは、

「漢方コーディネーター試験の勉強をすることで、漢方薬について正しい知識を得ることができた。」

「漢方薬の販売会社に勤めていますが、この資格を受験することによって学んだ知識が仕事に活かせています。お客様の体の不調の悩みを聞き、効果的な漢方薬の処方をアドバイスすることができるようになりました。」

「頭痛と不眠に悩まされていた私は、自分の症状を治したいという思いから、この資格を取得しました。自分の症状を緩和させることができ、この知識を周りにも伝えていきたいと思います。」

などの感想が寄せられています。漢方コーディネーターの認定資格を取得することで、お仕事に役立つだけでなく、自身の体の不調の悩みを解決することにつながったという声が寄せられました。

 

試験の概要

「漢方コーディネーター認定試験」は、日本安全食料料理協会が主催する認定試験です。受験資格はなく、誰でも受験することが可能です。受験料は10,000円となっています。申し込みはインターネットによって行うことができます。試験の合格基準は、70%以上の評価となっており、問われる知識としては、「漢方医学を行うために必要な気・血・水や五臓六腑などの体に関する知識や、漢方薬の特徴・使い方など」が挙げられます。

「漢方コーディネーター認定試験」の受験は、通信教育による学習がおすすめです。通信教育でなら、なかなか勉強のお時間がとれない方にも、継続して学習することが可能です。

 

さいごに

「漢方コーディネーター認定試験」は、漢方の力で人を癒す、とても重要な役割が期待される認定資格です。是非、取得をご検討されてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です