温泉観光資格人気比較

温泉資格

日本は世界一の温泉大国と言われるほど温泉を持っており、海外からの観光客も温泉目的の方が数多くいるほどです。老若男女問わず幅広い年齢層の方に愛される温泉は、大自然の中で心地よい湯につかることで、心身ともに非常にリラックス出来ると人気が絶えませんね。季節によって違った風景を楽しみながら、あらゆる効果のある温泉ですが、今回はその温泉にまつわる資格の比較をご紹介致します。

第1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーという資格は、全国各地にある温泉の所在地や泉質・泉温・効果・特徴等を理解したうえで、その温泉の歴史や言い伝えなどのあらゆる知識を持っている資格となります。この資格があれば、どこの温泉がどう良いのか質問されても簡単に答えることが出来ますし、一緒に行く方もより楽しめる素晴らしい資格ですね。

そして、受験資格はないため、自宅で独学を行い受験を行うことの出来る非常に手軽な資格となっていることに加え、10,000円という低額な受験費用と70%合格というラインが低いことも人気の理由で、受かってやろうと強い気持ちがあれば誰だって受かることの出来る資格から非常に人気となっています。

第銭湯ソムリエ

この資格は、JIA日本インストラクター技術協会が公式的に実施している民間資格の一つのことでその温泉の泉質の種類や入浴の方法に関する知識を主に有している資格のことを表すのですが、他にも温泉分析表と言われる表の見方や、温泉に関連した言葉などの意味を理解している必要がある資格となります。

この資格も温泉観光アドバイザーと同様に受験資格がない上に、低額+高合格率という素晴らしい内容ですので、興味がある方はぜひ勉強したのち受験してみるのも良いかもしれませんね!

第温泉ソムリエ

この資格の内容ですが、温泉ソムリエ協会が実地している民間資格の一つとなっております。温泉業界者や湯治などに関連して医療従事者、研究機関、温泉マニアなどの幅広い人が資格を取得するという、非常にマニアックな資格ということですね。

温泉の基礎知識や入浴方法はもちろんのこと、温泉分析表の見方なども理解しておかなければならない資格で、取得に当たっては温泉ソムリエ協会が実施しているセミナーと認定ツアーに参加しする必要があるのは少し難点ではありますね。もしも、セミナーに参加は不可能です、といった方の為には通信講座と自宅インターネットを提供しており、自宅でセミナーを受ける事ができる在宅コースもあるのでおすすめです。

この資格は、通信講座+在宅セミナーで5か月の期間を要し、費用は24,000円と上位2つに比べると少し値は張ります。しかし、一方の認定セミナー+ツアーは日帰りまたは1泊があり価格は20,000円台から3万円代前半程度という比較的低価格で取得できるので、一気に合格を!最短距離で!という方はこちらをお勧めします。

第温泉観光士

この温泉観光士という資格ですが、その温泉がある地にまつわる歴史や人物等から始まり、大自然についての総合的な研究と、各温泉地の諸問題解決を目的とした資格のことで、少しわかりにくいという方も多いでしょう。受験資格は18歳以上という年齢制限以外には特にないので、幅広い年代層の方が取得できます。

温泉の地学・化学・生物学・工学・観光学というあらゆる温泉学から、世界の温泉地、温泉医学、温泉文化論、温泉邦楽、を受講後に筆記試験が実施されます。少し時間のかかる資格ですが、受講料は10000低価格で受験する事ができますが、2泊3日の講義を終えなければなりません。

第温泉保養士

温泉保養士は、日本温泉保養士協会が認定を行っている民間資格のことで、温泉医学や温泉予防医学に基づいた知識を必要とする難易度が少し高めの資格ですね。詳しくご説明すると、温泉の保健的機能を引き出すための知識や技術を学び、温泉療法を活用した健康づくりを適格にアドバイスする事ができる人に認定されます。

資格取得する為には、日本温泉保養士協会が実施している養成講習会に参加する必要があり、講習会終了後に行われる筆記試験に合格する事で資格を得る事ができます。講習会は全11過程で60分講義の10過程と60分の実習が全3日間の日程で行われ、受講費用はテキスト代、認定試験料全てを含め38,500円となります。

まとめ

今回は温泉観光人気比較として5つご紹介させていただきました。日本が誇る温泉の魅力を自分の知識として残そうとする方は増えてきており、資格の受験者数も年々増加傾向にあるようです。

温泉は日本人なら好きな方が普通と言えるほど馴染みのあるものですよね。もしも興味がある方はぜひ一つでも多くの資格取得を目指してみてくださいね。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。
温泉観光  温泉観光

この記事を書いた人