温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

温泉資格

こんにちは。いきなりですが、最近多くの温泉がタトゥーOKという元来のルールをなくしている傾向はご存知ですか?元々は、暴力団などの人が体に入れていたタトゥーですが、外国では、一般の方が当たり前のようにタトゥーを入れています。そして、近年のグローバル化と外国からの日本文化の人気の上昇で、多く外国人が日本文化である、温泉に入りたいのに入れない問題が起こっていました。そんな時流を読み取り、タトゥーOKの温泉が急増してきています。もともと、多くの日本人が好んでいた、温泉業界に、外国人客の参入があり、今や温泉ブームは温泉だけに、かなり熱いビジネスになっています。すいません、つまらないこと言って…。気を取り直して、そんな日本人のみならず、外国人からも愛される温泉に関係する資格を今回紹介します。それは温泉観光アドバイザー。知っている方も、そうでない方もこの記事を読んで興味を持たれたら幸いです。

温泉観光アドバイザーとは

温泉観光アドバイザーとは、温泉に関する深い知識を持っている方に与えられる資格です。対象温泉は全国の温泉、と広い範囲となっています。他にも各温泉の特徴を理解し、それぞれの温泉にまつわる歴史など、観光業利用するときにかなり役に立つ知識を手に入れることができます。上記にも書きましたが、この資格、最近かなりの人気があります。国際化や、2020の東京オリンピックなどにより、日本文化が今世界でかなりの人気を誇っています。旅行会社のツアーでも多くの温泉旅行のプログラムが取り入れられています。その、観光業に従事している方はもちろん、観光業に転職したい方にもかなりの強みになる資格です。温泉が趣味の方も多くいらっしゃると思います、自身の趣味をさらに深めるためにとるのもありだと思います。自分が浸かっている温泉の歴史や効用などが分かれば、一層楽しくなるでしょう。また、独立して講師として、多くの方にレクチャーすることも可能になります。温泉業界のプロフェッショナルとして、働きたいときもこの資格はかなりの強みになりものです。このように最近人気の資格とあって、その使い方は様々です。

勉強法

ここからは、温泉観光アドバイザーの認定資格を得るための説明をさせていただきます。

温泉観光アドバイザーの認定資格は日本生活環境支援協会が管理しており、ネットで申し込むことが可能です。さらに、試験も自宅で受けることができます。郊外に住んでいる方や、都市部までにかなりの距離がある方は、この試験制度はかなりの有益性があります。また、試験も2カ月に1回の偶数月に現在は行われています。テストとテストのスパンが短く、仮に不合格でも、またすぐに再トライしやすいものとなっています。

これもこの資格の人気の理由です。では、タイトルにもある、勉強法なのですが、独学もOKだと、個人的には思っています。自らの確立した勉強法がある方はそちらの方がいいかもしれません。しかし、もしも、勉強法に自信がなかったり、プロの意見が欲しいという場合は、通信講座の利用を勧めさせていただきます。私自身、通信講座会社の回し者でも何でもないのですが、かなりの人気を誇っていることは事実です。諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの通信講座は温泉観光アドバイザーの資格対策講座を用意していて、テキストの質は相当のものです。また、わからないところはプロに質問することもできます。もしも、独学と通信講座悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひとも通信講座の利用を勧めます。一度、諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの資料などをご覧ください。また、通信講座についての記事もネットにはあるので、それを見て考えるのもいいとおみます。最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでした     ? 温泉観光アドバイザーに近い資格である、銭湯ソムリエもあります、もしもそちらも興味がありましたら、そちらの記事も用意していますので是非ご覧ください。
温泉観光  温泉観光

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です