浄化槽検査員の資格とは

shikakumatome

「浄化槽の法定検査を行う専門家」

浄化槽の設置や使用・管理に問題がある場合は、浄化槽の正常な機能が発揮されず、汚れたまま排水が放流されると周辺に悪臭を生じるなど、水質汚濁や生活環境への悪影響の原因となってしまいます。そのため法定検査が義務付けられています。

メリット

浄化槽法定検査機関、浄化槽管理会社が勤務先として考えられますが、下水道および農業集落排水への切り替わりが進んでいるため、求人はほとんどない状況であるため新規は難しい。

難易度

講習の受講のため、合格率は極めて高い。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

ニーズ自体が失われることはないですが、単独の資格だと弱いのでより専門性を追求するためのダブル、トリプルライセンスにすることをお勧めします。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 業務独占資格
  2. 受講資格
    • 浄化槽管理士
    • 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)又は旧大学令に基づく大学の理学、薬学、工学、農学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者。
    • 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)又は旧大学令に基づく大学を卒業した後、2年以上浄化槽に関する技術上の実務に従事した経験を有する者。
    • 学校教育法に基づく短期大学若しくは高等専門学校又は旧専門学校令に基づく専門学校の理学、薬学、工学、農学又はこれらに相当する課程を修めて卒業した後、2年以上浄化槽に関する技術上の実務に従事した経験を有する者
  3. 講習内容(7日間42時間)
    • 浄化槽行政(2時間)
    • 汚水処理原理(3時間
    • 構造基準(6時間)
    • 保守点検・清掃(4時間)
    • 浄化槽の設置(4時間)
    • 外観検査(5時間)
    • 水質検査(4時間)
    • 書類検査(3時間)
    • 総合判定(5時間
    • 総合演習(6時間)
    • 終了考査(2時間/浄化槽管理士は1時間30分)
  4. 講習日
    • ①8月下旬の7日間
    • ②2月下旬の7日間
  5. 受講場所
    • 公益財団法人日本環境整備教育センター(東京都墨田区菊川2-23-3)
  6. 受講手数料
    • 103,700円
    • 浄化槽管理士有資格者は初日・2日目減免により82,400円
  7. 受講申し込み期間
    • ①7月中旬の約7日間
    • ②1月中旬の約7日間
  8. 合格基準
    • 実施先へお問い合わせください
  9. 結果発表
    • 実施先へお問い合わせください
  10. 問い合わせ先
    • 公益財団法人日本環境整備教育センター
    • 〒130-0024  東京都墨田区菊川2-23-3
    • 03-3635-4880(代表)
    • ホームページ:http://www.jeces.or.jp/index.html
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です