洋食資格人気比較

洋食資格

日本は、和食、洋食、中華のほかに、韓国料理、タイ料理、インド料理など世界中のありとあらゆる料理を食べることのできる国です。その中で最も多く飲食業界の割合を占めているのは「洋食」なのです。だから、洋食について学べば料理の大多数の知識を得ることもできますし、他の料理への応用も利くので、最近では「洋食」についての資格を取得する人が急増しています。

ところでみなさんは洋食が何か説明できますか?洋食とは、19世紀後半に日本に広まった西欧料理のことで、コロッケやカツレツ、オムライスなどのフランス料理が元祖になります。実は、このような知識も洋食の資格で学べることの一つです。今、説明できなかった人も、そうでない人もこれを機に洋食に関する資格を取得してみてはいかがでしょうか。では今回は洋食の資格について人気順に比較形式で発表していきたいと思います。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートとは、あらゆる食の資格認定試験を行っている日本安全食料料理協会による、日本における洋食の歴史や文化、調理法やレシピなどの知識を有していることを証明する資格です。この資格では洋食のレシピや、下拵えや焼く、揚げる、煮込む、盛り付けえなどの調理の基本から応用までのテクニックを学べるので、料理をする際にレシピ本やサイトを開く手間がなくなりますし、他人に堂々と振舞えるでしょう。

資格取得後は、洋食エキスパートとして活躍できるので、飲食業界で働くことを目指している人にも人気です。他にも毎日の料理のためや特別な日の料理のためなど、主婦にも大変人気の資格です。

・受験資格:なし

・受験料:10,000円(税込)

・受験場所:自宅(在宅受験)

健康西洋料理インストラクター

健康西洋料理インストラクターは、数多くのインストラクター資格を扱っている日本インストラクター技術協会主催の資格で、洋食を作る時の食材の知識や、料理と健康の関係性についてしっかり理解した人に与えられます。この資格はインストラクター資格なので、料理が好きな人はもちろん、人に教えることに興味のある人にもオススメです。

他にも、肉や魚、野菜、バター、チーズ、調味料、ハーブなどの食材に関して細かく学べるので、料理を作る際に食材にこだわりがある人や、冷蔵庫にあるもので済ませたいという人にもオススメに資格です。

資格取得後は、インストラクターとして料理教室を開いたり、身近な人に料理を作ったり、教えるなど料理に関するあらゆる分野での活躍が期待できます。

・受験資格:なし

・受験料:10,000円(税込)

・受験場所:自宅(在宅受験)

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

西洋料理テーブルマナー講師認定試験とは、日本ホテル・レストランサービス技能協会主催の講師資格認定試験で、今までで40回も試験が開催されている歴史のある資格です。

レストランなどでの西洋料理に関するテーブルマナーに特化した資格で、資格取得後はスクールなどでテーブルマナーの講師として活躍できます。

この資格は取得までの費用と流れが複雑なのが難点なところです。まず合格のためには講座を受けます。(約100,000円)また、そのあと入会金と年会費を払います(合計約50,000円)。またそれとは別途で、試験料や発行料がかかるため、お金と時間に大変余裕がある方は問題ないですが、そうでない方にはオススメできません。同じテーブルマナーなら、健康西洋料理インストラクターの方が良いでしょう。

・受験場所:東京

4位 フードスタイリスト

フードスタイリストとは、日本フードライセンス国際協会による食品や食事、食器などをスタイリングする技術を有していることを証明する資格で、筆記と実技試験合格者に与えられます。また、この資格は西洋料理ではなく、他の料理と共通の資格になります。

この資格は3級から1級まであり、2級からは会員登録(有料)が必要になります。

この資格取得後(1級の場合)は、多くの実践を積んだ後、CMなどでの料理の演出を行うフードスタイリストとして活躍しています。

・受験料:20,000円(税込)

・受験場所:各県の認定校

以上が洋食資格人気比較でした。洋食に特化した資格は、3つしかなくその中でも、「西洋料理テーブル講師認定試験」は講座含め200,000近くの費用が掛かるため、気軽に取得するなら、「洋食エキスパート」や「健康西洋料理インストラクター」がオススメです。

どちらも実用的性のある資格なので受験してみることをおすすめします!
洋食  洋食

この記事を書いた人