洋食エキスパート口コミ評判

洋食資格

皆さんの家庭では洋食と和食どちらがより食卓に並ぶでしょうか?和食も健康的で良さそうですが、洋食のオシャレで美味しいイメージ、そのうえで健康的にも和食に負けず劣らならい点などもあり、日本で親しまれて長いです。調理の手間が和食よりかからないものも多いのも人気の点かもしれませんね。家庭にある調理器具もどちらかといえば洋食用のものが多いのではないでしょうか。

今回は洋食の知識だけでなく、一般的な調理器具の使いかも学べる素晴らしい資格を一つ紹介したいと思います。

洋食エキスパート口コミ評判

JSFCA日本安全食料料理協会が認定している資格の1つに「洋食エキスパート」という資格があります。日本における洋食の歴史、洋食で使用する食品や調味料、また道具の使い方、洋食のマナーなど、幅広い洋食関連の知識を身に付けている方に認定される資格です。包丁、フライパン、ソースパン、鍋といった皆さんのご家庭にもある調理器具の使い方から、洋食の下準備から調理に至るまでの手法なども学んでいる必要があります。洋食に関する基本的な知識は普段の食生活でも実践することが可能で、または洋食のエキスパートとして講師活動を行うことも可能です。

試験の概要

受験資格は特に必要ありません。洋食の基礎知識に興味ある方、飲食の仕事に就いている方、日ごろの食事をよりよくしたいと考えている方、様々な方にお勧めできる資格となっています。受験料は消費税込みで10000円となっており、受験票、解答用紙、試験問題が日本安全食料料理協会から発送されてくるので代金引換という形で支払います。日本安全食料料理協会のホームページから受験申し込みが出来ます、一度ホームページの方ご確認ください。受験方法は在宅受験となっています。慣れた環境で知識を発揮できるので、よりよい結果を出せそうです。合格には70%以上の評価が必要となっていますので、試験日までにしっかり準備して合格を目指しましょう。

試験日程

試験は毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に開催されています。受験申請期間は試験当月の前の月の間となっています。12月の試験を受験したい場合は11月中には申し込みを済ませておきましょう。受験票、試験問題、解答用紙は受験申請後随時発送となっています。届かない場合は協会に連絡しましょう。試験期間は試験当月20日から25日の間となっています。解答し終えたら協会まで提出する必要があるので、答案の提出期限である試験当月の末日までに必ず送りましょう。試験の合否通知発送日は試験を受けた次の月の20日となっています。

口コミ

洋食は非常に日本人にもなじみ深い料理となっており、現代社会ではむしろ日本食より慣れ親しまれている印象もあります。自分自身楽しむだけでなく、友人や家族にふるまう際にもこの資格で得た知識は使えるはずです。飲食関係のお仕事をされている方にも、今一度基礎から見直してみるいい機会になるでしょう。

洋食エキスパート試験を受験された方の口コミ・評判を見てみると非常に良い反応が多かったです。やはり洋食という、食事の中でも非常に慣れ親しみのある分野の資格は実践的で日常生活でもすぐ活かせるものが多いそうです。

いくつか感想を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

「昔から我が家は洋食中心の生活です。しかし、洋食について正しく理解しているかといえば、疑問な部分も多く、この際一から学びなおして見ようと思い受験することにしました。洋食の歴史といった教養的なこともあり、道具の使い方や洋食の調理過程とった実践的な事も問われるので、洋食についてはほぼ完ぺきに習得できたと思います。受験後、家で料理を家族にふるまうと驚かれました。実践的な内容の試験は効果が分かりやすいのでいいですね。」

「試験が年6回開催されているので、万が一落ちたとしてもすぐに再受験できます。そのためモチベーションの維持がしやすいとおもいます。」

まとめ

この洋食エキスパート試験は実践的な内容が問われるということで習得後の効果が分かりやすいそうです。ぜひ受験して、あなたの洋食に関する知識を確立させてみませんか。
洋食  洋食

この記事を書いた人