水耕栽培資格人気比較

水耕栽培

みなさん、近年都内を中心として水耕栽培が人気があるのをご存知でしょうか。毎日とれたての野菜が食べられるのが家庭菜園の魅力でベランダなど少しのスペースがあれば誰でも始めることができる、家庭菜園ですが、特にスペースがあまりない、手間をあまりかけたくない、という方に人気なものがこの水耕栽培となります。
そして水耕栽培の人気に連れ、水耕栽培に関する資格の種類も多くなってきています。正しいやり方を身につけるべく、資格を取得することは良いことですが、現状ではその数が右肩上がりに増加していることより、資格の種類が増えすぎてしまっています。
そのため、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。
そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順に比較形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

★ 水耕栽培士

こちらは日本生活環境支援協会主催の資格で、十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は1,0000円です。
この資格は、主に野菜においての水耕栽培についての基礎的な知識を幅広く網羅している方に与えられる資格です。代表的な野菜、トマトやクレソン、最近であれば大人気のパクチーなど有名どころの野菜についての知識をしっかりと得ることができます。
水耕栽培には、ポンプ式、タワー式、などいくつかの栽培種類がありますが、その方式の違いや使い分けについてなども学んでいきます。ベランダのみならず、実際に花壇などを使ってやる方もいるので、害虫対策や水温の対策など実際に行った時に発生しそうな問題についてもアプローチしていきます。
こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。
一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

水耕栽培インストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は1,0000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。
こちらの資格は、野菜や果物を中心にその基礎知識、応用的な知識、実践的な知識を有した方に送られる資格です。野菜、果物の育て方といった基礎知識はもちろんのこと、水耕栽培に必要な水の配管や水の変え方、またペットボトルを使った実践的な水の与え方など★の水耕栽培士よりもより実践的な内容を学べるようになっています。
また、どのような場所で栽培するのが最適か、キッチンなのかベランダなのかといったところもこちらの資格を取得するとわかるようになります。
先ほども言った通りこの資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

美味安全野菜栽培士

こちらは、日本園芸協会が主催の資格です。
こちらの資格は、通信講座が用意されており、就業中の方や、時間のない方でもわざわざ各地に出向くことなく講座を受講することができます。内容もきちんとされたものが用意されており実力証明といった面でも十分に効果を発揮してくれる資格になります。
気になるお値段ですが、通信講座の受講料を合わせて約4万円ほどになる見込みです。また分割払いにも対応しているのもありがたいところです。
こちらの資格は、試験を受けなくても実際に通信講座で送られてくる教材をこなし、受講して課題をクリアしていけば、課題の全てが合格点であれば、その修了とともに、資格がもらえる仕組みになっています。試験などをしなくても確実に資格が取得できるので、試験が苦手な方にはオススメの資格となっています。

いかがでしたでしょうか?

今回は水耕栽培資格人気比較 を発表させていただきました。
水耕栽培は今とてもブームでその資格にも大きな価値がありますので、正しい知識のもと行いたい、資格を元にスキルアップや、転職を考えているなどいった方に是非参考になれば幸いです。
水耕栽培資格取得通信教育講座  水耕栽培資格取得通信教育講座

この記事を書いた人