水彩資格人気比較

水彩画

みなさん、近年水彩画に対する注目が高まっていることはご存知でしょうか。
水彩画は昔から親しまれているものですが、近年よりその人気は高まっていて、水彩画を趣味で始めるという人はとても多くなってきています。
実際に行なっている方に話を聞くと、やはり水彩絵の具で書く絵には不思議な魅了があり、多くの人が虜にされているようです。絵の具の種類にもアクリル絵の具、油絵、水彩絵の具と使う絵の具や筆の種類によって絵の種類は変わり、絵の呼び名も変わるものですが、水彩画は中でも軽く、鮮やかな印象のものが多いです。それは絵の具が、ほかのものよりも基準となる色が薄いためとされています。
デッサンや水彩画は昔はオタクだと言われていましたが、現在では多くの方が行なっていて、実際に行ってみると意外と難しいものです。
建築学科の学生なども基本として、全ての人が学ぶといっても過言ではないほど、水彩画には絵の基礎であったり、調合の基礎が詰まっていて、基礎ながらもとても大切なものになってきているです。また、独学で行うのと、資格を取得して、デファクトスタンダードなスキルの元勉強するのでは、完成する絵の精度は全く違います。絵に対する評価は主観的なものが多いと思われがちですが、実はそうではなく、きちんと美しく見える設計、色合いというものが決まっていて、やはり独学で適当に書くのと、しっかりと学んで書くのとではその差は一目瞭然です。一見適当に書かれた、著名人の絵も、基本要素があった上であえてそうすることによって人気が出ているのです。
自分の色を出すためにもまず資格を取得したり、しっかりと技術を学ぶことは大変重要で、その重要性の広がりから、資格を取得する方がとても増えてきています。
しかし、資格が増えすぎてしまったという面もあり、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。
そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順に比較形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

★ 水彩アーティスト

こちらは日本デザインプランナー協会(JDP)主催の資格で、十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は1,0000円です。
こちらの資格は、水彩アーティストと呼べるにふさわしいような、水彩の基礎知識はもちろん、様々な技法や、構図の考え方、作り方、絵の具の選び方、用紙、筆といった道具の選び方の知識を学ぶことができます。もちろんパレットの使用方法などの実践的なスキルも学ぶので大変内容の濃いオススメの資格となっています。
こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。
一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

水彩画インストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は1,0000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。
こちらの資格は、基礎知識に加えて水彩画を描く手順、書き方、また絵の種類として、静物画、風景画などより実践的なスキルを学ぶことができます。
また、この資格は★の水彩アーティストと同じ会社が運営していて、水彩アーティストと水彩画インストラクターを同時に取得できるW資格講座も存在しています。
お互いの資格の足りないところを補い、また大変お買い得でコスパはとても良いので、水彩を極めたいという方にはこのW資格取得講座が大変おすすめです。
先ほども言った通りこの資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

いかがでしたでしょうか?

今回は水彩資格人気比較を発表させていただきました。
水彩画は今とてもブームでその資格にも大きな価値がありますので、正しい知識のもと行いたい、資格を元にスキルアップや、転職を考えているなどいった方に是非参考になれば幸いです。
水彩画資格取得通信教育講座  水彩画資格取得通信教育講座

この記事を書いた人