木造建築組立業主任者の資格とは

shikakumatome

「木造建築物の組み立てにおいて監督・指導できる専門家」

軒の高さが5m以上の木造建築物の構造部分の組立て、屋根下地や外壁下地の取り付けなどにおいて、安全面などの監督・指導にあたる責任者となります。この資格を得るには実務経験が必要なことから、現場で経験を積んだ後に取得するケースが多いです。

メリット

主に土木業界や建設業界での活躍が期待できます。

難易度

講習と終了考査で取得できるため易しいと言えます

オススメ度:4(5段階中最高が5)

木造構造建築物の作業には必須の資格です。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 大学、専門、高校の土木、建築学科卒業後、2年以上の実務経験者
    • 職業能力開発訓練の建築・ブロック建築課程終了後、2年以上の実務経験者
    • 実務経験、3年以上の者
  3. 受講内容(2日間/13時間)
    • 木造建築物の構造部材の組み立て、屋根下地の取付等に関する知識(7時間)、
    • 工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識(3時間)、
    • 作業者に対する教育等に関する知識(1時間30分)、
    • 関係法令(1時間30分)、
    • 修了考査
  4. 受講日
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  5. 受講場所
    • 各都道府県で実施
  6. 受講手数料
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  7. 受験申請書受付
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  8. 結果発表
    • 各実施先までお問い合わせください。
  9. 免除
    • 型枠支保工の組立て等作業主任者技能講習を修了した者は、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識、作業者に対する教育等に関する知識が免除されます
    • 足場の組立て等作業主任者技能講習を修了した者は、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識、作業者に対する教育等に関する知識が免除されます
    • 鉄骨の組立て等作業主任者技能講習を修了した者は、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識、作業者に対する教育等に関する知識が免除されます
    • 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者技能講習を修了した者は、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識、作業者に対する教育等に関する知識が免除されます
    • 第1条第1号から第4号まで及び第6号に揚げる者は、木造建築物の構造部材の組み立て、屋根下地の取付等に関する知識、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
    • 職業能力開発促進法の建設科、とび科又はプレハブ建築科(木造構造施行についての技能を専攻した者のみ)を修了した者は、木造建築物の構造部材の組み立て、屋根下地の取付等に関する知識、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
    • 築大工又は鳶に係る1級又は2級の技能検定に合格した者は、木造建築物の構造部材の組み立て、屋根下地の取付等に関する知識、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識が免除されます
    • 建設科、とび科又プレハブ建築科職種に係る職業訓練指導員免許者は、木造建築物の構造部材の組み立て、屋根下地の取付等に関する知識、工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識、作業者に対する教育等に関する知識が免除されます
  10. 問い合わせ先
    • 一般社団法人 日本鳶工業連合会
    • 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-20
    • 電話:03-3434-8805
    • ホームページ:http://www.nittobiren.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です