木材加工用機械作業主任者の資格とは

shikakumatome

「機械を使用した木材加工作業専門家」

事業者は、労働災害を防止するため、木材加工用機械(丸のこ盤、帯のこ盤、かんな盤、面取り盤及びルーターに限るものとし、携帯用のものを除く)を5台以上(自動送材車式帯のこ盤が含まれている場合には、3台以上)有する事業場において行なう機械による作業については、木材加工用機械作業主任者技能講習を修了した者のうちから、「木材加工用機械作業主任者」を選任し、その者に当該作業に従事する労働者の指揮その他厚生労働省令で定める事項を行わせなければなりません

メリット

木材加工現場、林業への就職に有利なことは確かです。

難易度

講習と修了考査で取得できますので、易しいです。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

講習で取得できることもあり、給与面で優遇されることもある為とっておいて損はないと思われる。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 18歳以上で以下に該当するもの
      • 木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する者(労働安全衛生規則別表第6)
      • その他厚生労働大臣が定める者
  3. 受講内容
    • 学科
      • 作業に係る機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識(6時間)
      • 作業に係る機械、その安全装置等の保守点検に関する知識(2時間)
      • 作業の方法に関する知識(5時間)
      • 関係法令(2時間)
      • 修了試験(1時間)
  4. 受講日
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください
  5. 受講場所
    • 全国各地
  6. 受講手数料
    • 13,700円(全科目受講の場合)
  7. 受講申請書受付
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください
  8. 修了試験の合格基準
    • 以下の条件を満たすことで合格となります。
      • 各科目の得点が、満点中40%以上の得点率
      • 全科目の合計得点が、満点中60%以上の得点率
  9. 結果発表
    • 地域によって異なりますので、実施先までお問い合わせください
  10. 免除
    • 以下に該当するものは、作業に係る機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識、作業に係る機械、その安全装置等の保守点検に関する知識、作業の方法に関する知識の科目が免除されます
      • 木工規程第1条第1号から第4号まで及び第6号に掲げる者
      • 職業能力開発促進法第27条第1項の準則訓練である普通職業訓練のうち、職業能力開発促進法施行規則別表第4の訓練科の欄に掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、木型科又は製材科の訓練(旧能開法第27条第1項の準則訓練である能力再開発訓練として行われたもの、訓練法第10条の準則訓練である能力再開発訓練として行われた者及び旧訓練法第8条第1項の能力再開発訓練として行われた者を含む。)を修了した者
      • 職業能力開発促進法施行令(昭和44年政令第258号)別表第1に掲げる検定職種のうち、木工機械調整、木型製作、木工又は建築大工に係る1級又は2級の技能検定に合格した者
      • 職業能力開発促進法第28条第1項に規程する職業能力開発促進法施行規則別表第11の免許職種の欄に掲げる製材機械科、建築科、枠組壁建築科、木工科若しくは木型科又は平成5年改正前の能開法規則別表第11の免許職種の欄に掲げる合板科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者
    • 林災防が、労働災害防止団体法(昭和39年法律第118号)第36条第1項の規定により設定した労働災害防止規程に基づき実施する製材安全士に関する講習を修了した者は、作業に係る機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識の科目が免除されます
  11. 問い合わせ先
    • 公益財団法人 東京労働基準協会連合会
    • 〒132-0021 東京都江戸川区中央1丁目8番1号 内宮ビル
    • 電話番号:03-5678-5556
    • ホームページ;http://www.toukiren.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です