服飾士認定試験口コミ評判

shikakumatome

服飾士認定試験とは、洋服の色使いから着こなし、デザインなど服飾に関する全般的な知識を問われる試験です。

服装、というのは単にファッションということだけでなく身だしなみというマナーの一部でもあるので、最低限の知識は常識とも言えるでしょう。

昨今、通信販売サイトなどの広がりにより、アパレル業界の業績は右肩上がりです。

ただし、どの企業も、というわけではありません。

売れるブランド、消えていくブランドさまざまではないでしょうか。

みなさんにも好きなブランド、があると思います。

それが単に雑誌で見た、ネットで見て気に入ったから、という方もいるでしょうが多くの方は一度デパートなどでショッピングをして、その服が気に入ったからそのブランドが好きになった、ということが多いのではないかと思います。

つまり入り口はやはり実際のショップの雰囲気、ということになります。

その雰囲気を大きく左右する一つに、店員さんの接客や知識などがあるのではないでしょうか。

単に服をすすめてくる店員さんというのは、正直うっとうしく感じます。

しかし上手にすすめてもらったり、なるほど!と思うような知識があったりするとその服を買ってしまうでしょう。

そこからそのブランドがお気に入りになる、つまりはその企業の売り上げが伸びていくのです。

そのため、ショップ店員という役割は非常に重要です。

その企業の最前線の営業、ということになりますから中途半端な接客ではせっかくのお客様を手放すことになってしまいそれが続けば企業にとって大損害となります。

そこで重要となってくるのが、やはり知識ではないでしょうか。

全てのことはその知識があることが大前提となるでしょう。

それがあって始めてトークが上手だとか、センスが良いという土俵に立てるのです。

この服飾士の資格を取得することで、基本的な事から知識を身に付けることが出来るのです。

ちなみにこの試験を実施しているのが「日本インストラクター技術協会」という団体です。

 

日本インストラクター技術協会とは?

 

「教える力」を中心とした技術や知識が一定以上のレベルであるということを認定する機関です。

教える力というスキルを客観的尺度で評価し、資格という信用を与えることで取得者の社会的地位の向上を目的としています。

これにより企業側により自分のスキルをアピールしやすくなります。

他にもたくさんの資格があるので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

【試験概要】服飾士認定試験

 

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

申し込みはホームページから可能です。

【注目】口コミ評判

 

「ファッション業界の仕事に興味があり受験することに。勉強方法は、自分ですべて管理する独学というのが苦手だったので、通信教育を受講することにした。勉強内容がとても実用的でとても今後のためになったと感じている。もとはアパレルでショップ店員を目指そうと思っていたが、この服飾士の資格があれば講師として活動もできるので今はそちらを目標に頑張っている。どちらにせよ、この資格があることで今後の自信となった。」

しっかりと勉強した資格で、元の目標の一歩先の仕事を目指すことも可能になりますね。

知識と自信がつくというのは、自分の可能性を広げることが出来るということでしょう。

 

この記事を書いた人