発酵食品マイスター口コミ評判

発酵食品

食品としても、調味料としても日本人になじみ深い発酵食品について皆さんはどの程度理解していますか?今、発酵食品は健康的な栄養素が高く美容にも効果があるとされ大人気となっています。

発酵食品といえば、納豆やヨーグルト、漬物、メンマ、キムチ、しょうゆ、みそ、黒酢、豆板醤、かつお節、サラミなど本当に身近なものばかりです。知らず知らずのうちに摂取していることも健康的で素晴らしいですが、しっかりと知識を身に付けて、よりおいしく、健康的に、美容にも効果ある発酵食品を楽しみませんか?

今回は発酵食品に関するおすすめの資格を紹介したいと思います。ぜひ一度検討してみてください。

発酵食品マイスター口コミ評判

JSFCA日本安全食料料理協会が認定している資格の1つに「発酵食品マイスター」というものがあります。数ある発酵食品に対して、広い範囲の知識を身に付けていることを証明する資格となります。発酵と腐敗の違いといた素人の方がよく間違えるような基礎知識から、数ある発酵食品の種類とその違い、発酵される過程での微生物の動き、有機物の美容と健康効果、身近にある意外な発酵食品などといった幅広い知識が必要となります。

資格習得後には自宅で発酵食品をより楽しめるだけでなく、飲食関係のお仕事、食育や教育のお仕事、美容のお仕事など様々な場面で活躍が期待されます。

試験の概要

受験資格は特に必要ありません。発酵食品に興味ある方だけでなく、美容や健康に関心ある方にもおすすめの資格試験です。受験料は消費税込みで10000円となっています、受験票、解答用紙、試験問題の代金引換という形で支払いをすませましょう。受験申請方法はインターネットから、日本安全食料料理協会のホームページで申し込みが出来ます。合格基準として70%以上の評価が必要と表記されています、合格に向けてしっかりと勉強して準備しておきたいですね。

試験日程

試験は毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に行われているようです。受験申請期間は試験が開催される前の月の間となっています。日本安全食料料理協会により受験票、試験問題、解答用紙が随時発送されるので、届かない場合は協会まで連絡しましょう。試験期間は試験当月20日から25日の間となっています。5日間と比較的時間に余裕のある試験なので、都合に合わせて試験に挑みましょう。答案の提出期限は試験が行われた月の末日必着となっています。試験の合否通知が発送されるのは試験を受けた次の月の20日となっています。

口コミ

発酵食品マイスターを受験された方たちの口コミ・評判を調べてみると非常に高評価なものばかりで、この認定試験の良さが分かりました。いくつか感想を紹介したいと思いますので、参考にしてください。

「納豆が好きで毎日食べていましたが、これが発酵食品だとは知りませんでした。ほかの発酵食品についても知りたくなり発酵食品マイスターの認定試験を受けることにしました。発酵食品だけでなく、美容や健康に関する知識も必要とされるので、習得後はよりよい生活をおくることが出来ています。」

「児童に食育の指導をしている者です。最近の子供たちは納豆やみそといった発酵食品が嫌いな子が多くて困っていました。栄養素が高く、健康にも美容にも優れた発酵食品を何とか子供たちにも好きになってほしいと思い、この認定試験を受けて知識を深めようと思いました。結果、発酵食品の種類や美味しい調理方法を身に付けることが出来たので、子供たちに紹介してみようと思います。」

「飲食関係の仕事に勤めていますが、休みが不定期で試験日に合わせるのが難しい生活です。この発酵食品マイスターは試験日が5日もあり、自宅受験も可能なので助かりました。」

まとめ

健康にも美容にも優れた発酵食品は日増しに注目度が高まっています。ぜひこの機会に発酵食品に関する知識の証明資格「発酵食品マイスター」を取得して健康的な生活を送る第一歩を踏み出しましょう。
発酵食品  発酵食品

この記事を書いた人