有害液体汚染防止管理者の資格とは

shikakumatome

「有害液体物質の船舶輸送補佐ができる専門家」

有害液体汚染防止管理者とは、有害液体物質の不適切な流出による海洋汚染を防止するために船長を補佐して流出を食い止める資格です。

メリット

総トン数200トン以上の有害液体物質を輸送する船舶毎に置くことが法律で定められていますので、持っておくと有利です。

難易度

難易度は低い。独立行政法人・海上災害防止センターなどで行われる講習を受講し、講習修了試験に合格すると与えられます。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

海の汚染は魚介類に影響を及ぼし、それはそのまま私たちの食生活の問題に波及しますので、非常に重要な仕事です

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格
  2. 受験資格
    • 受験資格は特にない。ただし、認定書の交付を受けるには、船舶に乗り込んで作業に従事した履歴が必要となる。
  3. 試験内容
    • 講習(2日間)
      • 有害液体物質性状、有害液体物質取扱い・防除法、有害液体物質処理、災害事例・法規
    • 実技(1日間)
      • 消防実習、保護資材・機材、検知器取扱い
  4. 試験日
    • 実施先に問い合わせください
  5. 試験場所
    • 実施先に問い合わせください
  6. 受講手数料
    • 122,281円(受講料115,081円、施設利用料7,200円)
  7. 受験申請書受付
    • 実施先に問い合わせください
  8. 結果発表
    • 実施先に問い合わせください
  9. 問い合わせ先
    • 独立行政法人 海上災害防止センター
    • 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス6F
    • 電話:045-224-4321
    • ホームページ:http://www.mdpc.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です