日本茶・お茶資格人気比較

日本茶

日本茶は日本では奈良時代より中国から伝わった今では床の間ではなければならないほどの飲み物になりましたね。当時では、階級の高い人たちの中で親しまれたことからどんどん広まり人気となったそうですね。時代をまたぐと、一般階級にも飲まれていくようになっていきました。

そして現在では、日本茶やお茶に対するさまざまな資格が人気を集めてるということをご存知でしょうか?日本では欠かせないお茶、種類が多々あるそれぞれの良さも持っているお茶ですが、今回は日本茶やお茶に関する資格についてご紹介致しますのでぜひ参考にしてみてください。

第★ 日本茶セレクター

日本茶セレクターという資格は、日本安全食料料理協会が制定する資格なのですが、そもそも日本安全食料料理協会というのは、食品や料理技術の各スキルの水準が一定以上であるということを認定する団体となっております。日本茶セレクターという資格は、日本安全食料料理協会でも非常に注目されている資格なのです。

この資格を取得するには、日本茶に関する歴史・茶葉の知識・栽培や茶摘みから始まり、お茶の種類の数々といった非常に幅の広い知識が必要になってきます。この試験に合格すると日本茶セレクターとしての活動が許され、日本茶関連の企業やショップで働く時にも非常に役立てるのでとても素晴らしい資格です。資格取得は在宅であり、10,000円という低額で受けやすい資格ですね。

第緑茶インストラクター

緑茶インストラクターは、日本インストラクター技術協会が制定する資格です。緑茶インストラクターもまた、非常に注目株の高い資格の一つで、近年人気が上昇している資格の一つとなっております。

この資格は、緑茶に関する知識を非常に必要とします。茶葉の種類や、その茶葉別のおいしい入れ方・保管方法から始まり、日本各地にあるお茶の知識や歴史、さらには茶道の知識も必要となってきます。試験では日本茶を使ったレシピも出題されるようで、少し難易度は高いかも知れませんね。ですが、

第日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザーはNPO法人日本茶インストラクター協会の制定する資格の一つで、この協会は歴史のある日本茶の伝統や文化を伝える為に優秀な人材を育成していくことを目的とし、資格を出している協会となっております。

この資格は、お茶に関する基本的な知識があることを前提とし、そのアドバイス能力と、消費者の指導や助言が出来るということも必要となってくる資格です。初級指導者の資格なので、お茶に関する難しい知識はまだ必要とはされていませんが、ある程度は必要なので深く勉強しても良いですね。

第日本茶インストラクター

日本茶インストラクターは、NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格の一つで、日本茶のことを理解し、日本茶に関する知識及び技術のレベルが、3位の日本茶アドバイザーの初級指導者の上に立つ中級指導者の資格なのです。この資格は、日本茶の知識がまだなくても、関心意欲が高くもっと深く学びたいと思っている方であれば努力次第で合格は出来ます。

この資格を取得するためには、日本茶の基本的な知識に加え専門的な知識も必要となります。日本茶の歴史や文化の他に、日本茶の各地の生産地・保管方法・道具などに関する知識を非常に必要としますし、日本茶アドバイザーよりももっと細かな知識が求められるのです難易度は上がりますね。

第日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリストは、一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)が認定している資格の一つで、日本茶スペシャリスト資格を取得するためには日本茶の茶葉の種類や製造工程から美味しいお茶の入れ方まで、非常に幅広い知識や技術が協会の認める水準に到達している人に対し資格が発給されます。

この資格は、難易度の高い資格ではありますが、合格すれば自分でサロンを開けたり、飲食業やカフェを営んでいる方には非常に強いスキルとなってきます。また、お茶の入れ方も知識に入るので普段の生活の中でもマナーがあり、礼儀正しさも身に付きますね。

まとめ

今回は日本茶・お茶資格人気比較ということでご紹介させていただきました。皆さんはお茶が好きですか?お茶は好きでも実際に茶道を体験した、という方や知識のあるという方は少ないのではないでしょうか?お茶は日本でもすごく親しみのあるもので、知識があっても損はしないはずです。

今回のまとめを見て興味を持った!という方がいれば幸いですし、参考にしていただいただけでもとても嬉しいです。最後まで閲覧してくださった方はありがとうございました。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

この記事を書いた人