日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶

こんにちは。最近日本ブームが海外で流行しているのは、多くの人が感じているかもしれません。今では、町に外国の方が歩いていても、なんら不思議に思いません。少し前なら、外国人を日本で見ただけで少し、テンションの上がっていた自分が懐かしいです。和菓子や、温泉など、西洋の文化とも異なり、また、アジアでも一線を描く日本の文化は日本人自身ももちろん、多くの外国人の方にとても人気です。日本の急激なグローバル化や、来る東京オリンピックも相まっているのも、要因の1つだと思います。そこで、今回は、そんな人気の日本文化に関する、資格をご紹介。それは日本茶セレクター。知っている方も、そうでない方も、この記事を読んで、興味を持たれたら幸いです。

日本茶セレクターとは

では、その日本茶セレクターはいったい何を学ぶのかというと、資格名にもあるように、やはり、日本茶の基礎知識に重きを置きます。歴史や茶葉の知識、栽培や収穫方法、茶摘みの時期などを学びます。また、製法や値段の相場・良質なお茶の見分け方、お茶の値段を決める基準、良いお茶を見分けるためのコツなど、お茶の種類だけでなく、お茶を経済的な側面から見るための知識も学ばなければいけません。上記のように、かなりひろい範囲を網羅している資格と言えます。その分、資格の費用対効果も高いものとなっています。ここで、日本茶セレクターと近い資格である緑茶インストラクターと何が異なるのか、いまいち、把握していない方もいらっしゃるかもしれませんので、説明させていただきます。先ほども述べたように、日本茶セレクターは日本茶にまつわる、あらゆる知識を要します。もちろん、緑茶インストラクターも共通する範囲は当然ありますが、大きく分けて、日本茶セレクターは茶に重きを置いた内容、緑茶インストラクターは茶に関する周辺知識に重きを置かれていると、捉えるとわかりやすいかと思います。何が言いたいかというと、緑茶インストラクターは茶葉を利用した料理や、茶葉に利用する道具など、茶葉に関係することはするのですが、どちらかというと、茶葉をサブ的なものに使ったり、茶葉のために利用するものといった、茶葉の周辺的な事柄を扱います。もちろん、どちらも重要な知識ですので、ご自身の希望の内容に照らして、資格をお選びください。

勉強法

日本茶セレクターの認定資格を得るための説明を口コミと一緒に説明させていただきます。日本茶セレクターの認定資格は日本安全食料料理協会が管理しており、ネットで申し込むことが可能です。さらに、試験も自宅で受けることができます。試験も2カ月に1回で現在は行われています。勉強法についてですが、独学だと少し難しいと、個人的には思っています。やはり、かなりの範囲と深い知識を要しますので、よほど、自信がある場合以外は独学はあまりお勧めできません。ここでは、通信講座の利用を勧めさせていただきます。諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの通信講座は日本茶セレクターの資格対策講座を用意していて、そのテキストの質は相当のもので多くの方が賞賛の声を挙げています。理解しにくいところはプロの方に質問することもできます。また、どちらの通信講座にも言えるのですが、通信講座ならではの、大変便利な講座があります。それは、卒業認定制度です。何のことかと申しますと、試験を受けずに資格が取れるという驚きの講座です。既定の課題を提出しクリアすれば、資格が必ずもらえるという制度です。この制度は、多くの方が実際に利用しています。試験を何度も受けてしまうかもしれないと不安に思っている方はぜひ、ご利用されることをお勧めします。一度、諒設計アーキテクトラーニング通信講座や、SARA SCHOOL JAPANなどの資料などをご覧ください。また、通信講座についての記事もネットにはあるので、それを見て考えるのもいいとおみます。最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでした?

もしも挑戦される際は、合格することを切に願っています。
日本茶・お茶  日本茶・お茶

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です