文書処理能力検定の資格とは

shikakumatome

「文書作成や統計データ処理の業務に関する一般知識認定の試験」

パソコンの普及で企業における文書作成や統計データ処理の業務は、ますます重要視されています。OA化時代に対応するためにもマスターしておきたい能力のひとつです。試験は筆記及び実技によって行われます。ワープロ、表計算でそれぞれ1級から4級まで4つの区分があります。

メリット

ある種、当たり前の機能の一つとしてとらえられているため、この資格だけで就職できるわけではありません。

難易度

近年の合格率は、ワープロ1級で58%、2級で70%、3級で82%、4級で90%、表計算1級で43%、2級で60%、3級で86%、4級で95%

オススメ度:2(5段階中最高が5)

自身のスキルアップでのチャレンジレベル。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 民間資格
  2. 受験資格
    • 制限なし
  3. 受験内容
    • 文書処理能力検定試験(ワープロ)
      • 1級
        • 筆記試験
          • 技術常識:ワープロに関する高度な知識
          • 国語力:漢字、送り仮名、熟語、慣用句、ことわざ
        • 実技試験
          • 入力:700字
          • 文書作成:簡単なメモ書き原稿から正式文書の作成(高度な知識を含む)
      • 2級
        • 筆記試験
          • 技術常識:ワープロに関する高度な知識
          • 国語力:漢字、送り仮名、熟語、慣用句
        • 実技試験
          • 入力:500字
          • 文書作成:メモ書き原稿から正式文書の作成
      • 3級
        • 実技試験
          • 入力:300字
          • 文書作成:・メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(追加・削除・修正を含める)
      • 4級
        • 実技試験
          • 入力:200字
          • 文書作成:・メモ書き原稿から適宜レイアウトして作成(修正を含める)
    • 文書処理能力検定試験(表計算)
      • 1級
        • 筆記試験
          • 入力、関数、書式設定、グラフ、データ、印刷に関する知識
        • 実技試験
          • 表及びグラフ作成
      • 2級
        • 筆記試験
          • 入力、関数、書式設定、グラフ、データ、印刷に関する知識
        • 実技試験
          • 表及びグラフ作成
      • 3級
        • 実技試験
          • 表及びグラフ作成
      • 4級
        • 実技試験
          • 表及びグラフ作成
  4. 受験日(年3回)
    • 7月初旬
    • 11月初旬
    • 2月初旬
  5. 受験場所
    • 協会が指定した全国各地の専門学校
  6. 受験手数料(ワープロ、表計算共通)
    • 1級:5,200円
    • 2級:4,200円
    • 3級:3,200円
    • 4級:2,200円
  7. 受験願書申し込み受付
    • 5月中旬~6月上旬
    • 9月上旬~10月上旬
    • 12月中旬~1月中旬
  8. 合格基準
    • 各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上を合格とする。ただし、実技試験(ワープロ)の入力は、正味打数1級690字、2級490字、3級290字、4級190字以上を合格とする
  9. 結果発表
    • 1級:試験日より1か月以内
    • 2級から4級:試験日より2週間以内
  10. 問い合わせ先
    • 公益社団法人 全国経理学校協会
    • 〒170-0004 東京都豊島区北大塚1丁目13番12号
    • 電話番号:03-3918-6131
    • ホームページ:http://www.zenkei.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です