指定自動車教習所指導員の資格とは

shikakumatome

「自動車教習所にて教習指導および技能検討を行う専門家」

各都道府県公安委員会の指定を受けた自動車教習所の指導員を認定する資格です。かつては「技能指導員」や「学科指導員」と呼んでいたが、道路交通法の改正で現在は技能教習も学科教習も行うことができる「教習指導員」という制度になっている。所属教習所で事前教養を行い、都道府県指定自動車教習所協会の行う新任教習指導員養成講習を受講する。その後、公安委員会の行う審査を受審することが一般的となっているが、教習所に所属していない個人でも、教習指導員審査を受審することができる。

メリット

自動車教習所での就職・転職が考えられる

難易度

かなり難関と言える。学科については95%の正答率が必要。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

道路交通法を把握している必要があるので、元警察官の合格率は高い。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格
  2. 受験資格
    • 21歳以上で、技能教習に用いる自動車を運転できる免許を持っている者
  3. 受験内容
    • 審査項目
      • 知識に関する審査項目
        • 自動車教習所に関する法令についての知識
        • 教習指導員として必要な教育についての知識
        • 教則の内容となっている事項、その他自動車の運転に関する知識
      • 技能に関する審査項目
        • 教習指導員として必要な自動車の運転技能
        • 技能教習に必要な教習方法
        • 学科教習に必要な教習方法
    • 審査内容
      • 筆記による審査
        • 道路交通法
        • 教習所関係法令
        • 教育知識
        • 交通の教則
        • 安全運転の知識
        • 自動車の構造等の科目
      • 運転技能審査
        • 受験する車種の実技試験(通常は普通自動車)
      • 面接による審査
        • 面接による総合的な審査
  4. 受験日
    • 各都道府県によって異なるが、年に数回程度
  5. 受験場所
    • 各実施先へお問い合わせください
  6. 受験手数料
    • 各実施先へお問い合わせください
  7. 受験申請書受付
    • 随時実施(各実施先へお問い合わせください)
  8. 合格基準
    • 知識に関する審査項目
      • 自動車教習所に関する法令についての知識
        • 論文85%、正誤式95%
      • 教習指導員として必要な教育についての知識
        • 論述式80%
      • 教則の内容となっている事項、その他自動車の運転に関する知識
        • 論述式85%、正誤式95%
    • 技能に関する審査項目
      • 教習指導員として必要な自動車の運転技能
        • 技能試験に準じ、85%
      • 技能教習に必要な教習方法
        • 面接80%
      • 学科教習に必要な教習方法
        • 面接80%
  9. 結果発表
    • 各実施先へお問い合わせください
  10. 問い合わせ先
    • 各都道府県指定教習所協会又は、各都道府県警察本部運転免許課
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です