手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

手芸アドバイザー認定試験とは、クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの知識技術を理解している人が取得できる資格です。

手芸と言えば家庭内でのものというイメージが強いですが、昨今ハンドメイドブームが起きており、自分の作品を販売している方も増えています。

これまで自分のためにやっていた技術が収入になるということで、多くの人にメリットのある状況となっています。

しかし、いざ出品や販売をしたいと考えても実際自分の技術がどれくらいか、人に認められ販売して売れるのかなど多くの不安があることでしょう。

そこでこの手芸アドバイザーは資格取得で、有資格者の技術やスキルを客観的に評価し証明できます。

資格があるとないとでは周囲の信用は歴然とすることでしょう。

資格がなくてもプロ並みのものを製作できる方もいるでしょうが、他社と差別化を図り認められやすくなるというのはメリット以外の何物でもないでしょう。

またこの資格を取得する際に勉強した知識は、誰かに自分の技術を教える際にも役立ちます。そしてこの資格自体もそれを目的の一つとしています。

取得後教室を開くことを目指している方も多いようです。

そんな手芸アドバイザー認定試験ですが、「日本生活環境支援協会」という機関が資格試験を行っています。

 

日本生活環境支援協会とは?

 

日本生活環境支援協会では「生活」に関係する多くの資格試験を行っている団体です。

それは趣味の幅を広げるものから独立開業が可能なもの、生活自体の質を変えるものまでバラエティに富んでいます。

人は毎日生活を何かしらの形でしています。それを豊かにするというのは人生が豊かになるということでしょう。

また生活に関する資格で独立開業も可能で、誰にでも関係する知識やスキルとなるので活躍の場は広く多くのニーズを感じます。

趣味を仕事にという誰もが憧れるライフスタイルを手に入れるチャンスですね。

この手芸アドバイザーを始め多くの資格試験を行っているので、一度見てみてはいかがでしょうか。

きっと自分の興味のあるものや役に立つものが一つはあることでしょう。

 

【試験概要】手芸アドバイザー認定試験

こちらの試験ですが、

・受験料は1万円

・試験は2か月に1度

・在宅受験が可能

・合格ラインは70%以上の評価

・受験資格は特になし

試験範囲は糸の種類や材質から材料の下地処理、販売方法まで幅広く問われます。

その分この資格を取得した際には多くの知識が身についていることでしょう。試験勉強がそのまま作品つくりの幅を広げることに直結するのでとても有意義に勉強できることでしょう。

 

【好評】口コミ評判

 

「趣味で始めた手芸だがだんだんとのめり込み、もっと作品の幅を広げたいと思ったが周囲に詳しい人間がおらず壁にぶつかった。そんな時この資格を目にして取得を決意。勉強をしていくうちに知識が身に付き、それがこれまで自分の知りたいことだったのでとても役に立った。また、今はこの知識と技術を他の人に教えるために使えればと思っている。」

 

趣味をもっと楽しく、また教えるということで活動の幅も広がるのでこの手芸アドバイザー認定試験はさまざまな使い方ができますね。
ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

この記事を書いた人