手紙ライター口コミ評価

手紙の書き方

言葉の伝達手段が手紙から電子メールにほとんど移行してしまっている現代でも、その文章にその人のマナーや知性が表れることに変わりはありません。今も昔も、マナーのある正しい文章を書くことの重要さに変化はありません。特にビジネスの場面では、相手先へのメールの文章が仕事の成否を左右してしまうようなことさえあります。

この「手紙ライター」資格は、そんなレター文章の書き方や、手紙についての常識的な知識が一定以上あるという証明になる資格です。今回は、「手紙・文書ライター」についての詳細や口コミについて紹介していきます。

 

手紙ライターとは

この「手紙ライター」とは、こちらの意思が相手に伝わるような正しい文章の構成力や、手紙を書く際に必要となる常識的なマナーなどについての知識がある方が認定される資格です。文章力だけでなく、直筆の手紙を書く際のマナーについてもその知識が問われる資格です。手紙を書く機会が減った今だからこそ、手紙のマナーについて正しい知識を持っていれば、突然直筆の手紙を書かなければいけないという時に大きな強みになることでしょう。

「手紙ライター」の資格を取得していれば、自分の文章力に自信が持てるだけでなく、手紙の書き方や文章についてレクチャーすることもできるでしょう。手紙を書きなれていないという方や、仕事でのビジネスメールの文章にいまいち自信がないという方には、とてもおススメの資格です。

手紙ライターの口コミ評判

この「手紙ライター」の資格試験を実際に受験された方からは、

「手紙ライター資格取得のために勉強したことは実生活にとても役立っています。」

「仕事でのメール文章についての誤りがなくなりました。」

「相手に伝わりやすい文章が書けるようになりました。」

「これまで文章に自信がなく、仕事でのメールなどにも強い苦手意識があったのですが、この資格を取得したことで自信をもってメールを打てるようになりました。」

「文章を書くことに対してもっている苦手意識を克服したいと思い、この資格を受験しました。」

などの感想が寄せられました。この「手紙ライター」資格を取得することで、自分の文章に自信が持てるようになったという声がとても多くありました。

 

試験の概要

「手紙ライター」は、日本インストラクター技術協会が主催する認定試験です。試験の概要については、以下の通りです。

受験資格       なし (誰でも受験可能です)

受験料         10,000円(消費税込み)

申し込み       インターネット上

合格基準       約70%

出題内容       文書構成の基礎・手紙に関するマナー など
手紙・文書ライターの通信教育も各種用意されているので、なかなか勉強するお時間が取れないという方でも、通信教育による効率的な学習が可能です。利用すれば合格可能性が高まることでしょう。

さいごに

「手紙ライター」は、あなたの活躍の場を広げてくれる有意義な資格だといえます。相手に伝わりやすい正しい文章が書けるようになりたいとお思いの方、是非、受験されてみてはいかがでしょうか。
手紙の書き方  手紙の書き方

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です