情報検定(J検)の資格とは

shikakumatome

「情報を扱う人材に必要とされるICT能力の客観的基準」

J検とは、「情報」を扱う人材に必要とされるICT能力を客観的基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。昭和63年にJ検の前身である情報処理能力認定試験を実施して以来、これまでの出願者数は約130万人を超え、約60万人の合格者の方々が社会で活躍されています。試験問題は、専門学校・高等学校、大学・短大、企業などの情報教育の専門家が作成しており、難問や奇問は避け、基本的かつ一般的で是非身に付けたい知識や技術を主な題材にしています。さらに、最新の情報技術も動向を予測しながら慎重に出題しており、常に新しい知識・技術を習得して現代情報社会において柔軟に対応できる能力を評価します。情報活用試験(1級から3級)、情報システム試験、情報デザイン試験の区分がある。

メリット

知名度は高いが、この資格だけで就職・転職は難しい。

難易度

情報活用試験(1級):60%、情報活用試験(2級):63%、情報活用試験(3級):70%、情報システム試験(基本スキル):64%、情報システム試験(プログラミング):70%、情報システム試験(システムデザイン):65%

オススメ度:2(5段階中最高が5)

情報システム試験の基本スキルに合格後、差分講習を受け、6月、12月に行われている修了試験に合格することにより、基本情報技術者試験(FE)の午前試験が免除されます。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 公的資格
  2. 受験資格
    • 不問
  3. 受験内容
    • 情報活用試験
      • 1級
        • 情報と情報の利用、パソコンを利用したシステム、ネットワークの利用、情報ネットワーク社会への対応、情報セキュリティ、表計算ソフト等を利用した問題解決
      • 2級
        • 経営戦略とシステム戦略、プロジェクトマネジメント、データ構造と情報表現、問題解決処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎、アプリケーションソフトの利用
      • 3級
        • 情報表現と処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎、インターネットの利用、情報機器の基本操作、情報社会とコンピュータ、情報モラル
    • 情報システム試験
      • 基本スキル
        • プロジェクトマネジメント、情報表現、データ構造・集合と論理、CPUアーキテクチャ・補助記憶装置、システム構成・ソフトウェア
      • プログラミングスキル
        • データ構造とアルゴリズム、疑似言語、プログラミング技術または表計算ソフトを利用した問題解決
      • システムデザインスキル
        • 経営戦略とシステム戦略、システム開発、ネットワーク技術、データベース技術、セキュリティと標準化
    • 情報デザイン試験
      • 上級
        • 情報デザインの考え方、情報の収集と整理、問題の解決と発想、情報の構造化と表現、情報の伝達と評価
      • 初級
        • 情報デザインの考え方、情報の収集と整理、問題の解決と発想、情報の構造化と表現、情報の伝達と評価
  4. 受験日
    • 情報活用試験
      • ペーパー試験(全級)
        • ①6月中旬
        • ②12月中旬
      • CBT方式(全級):随時
    • 情報システム試験
      • ペーパー試験(全科目)
        • ①9月中旬
        • ②2月中旬
      • CBT方式(基本スキルのみ):随時
    • 情報デザイン試験
      • CBT方式(全級):随時
  5. 受験場所
    • 全国各地で実施(CBT方式)
  6. 受験手数料
    • 情報活用試験
      • 1級:4,000円
      • 2級:3,500円
      • 3級:2,500円
    • 情報システム試験
      • 基本スキル:3,000円
      • プログラミングスキル:2,500円
      • システムデザインスキル:2,500円
    • 情報デザイン試験
      • 上級:4,000円
      • 初級:3,500円
  7. 受験案内書受付
    • 情報活用試験
      • ペーパー試験(全級)
        • ①4月上旬から5月上旬
        • ②9月上旬から10月下旬
      • CBT方式(全級):随時
    • 情報システム試験
      • ペーパー試験(全科目)
        • ①6月上旬から7月中旬
        • ②11月上旬から12月中旬
      • CBT方式(基本スキルのみ):随時
    • 情報デザイン試験
      • CBT方式(全級):随時
  8. 合格基準
    • 情報活用試験
      • 1級:100点満点中、65点以上で合格となります
      • 2級:100点満点中、65点以上で合格となります
      • 3級:100点満点中、70点以上で合格となります
    • 情報システム試験
      • 基本スキル:100点満点中、65点以上で合格となります
      • プログラミングスキル:100点満点中、65点以上で合格となります
      • システムデザインスキル:100点満点中、65点以上で合格となります
    • 情報デザイン試験
      • 初級:100点満点中、60点以上で合格となります
      • 上級:100点満点中、60点以上で合格となります
  9. 結果発表
    • Web上で実施
  10. 免除
    • 「情報システム試験」において技術認定(プログラマ認定、システムエンジニア認定)を申請取得する場合、合格した科目は「合格認定日」から1年間受験を免除することができます。
    • また、同認定を取得時に合格した2科目目、3科目目の合格科目免除期間も同様に1年間となります。
  11. 特例措置
    • J検では、身障者の皆さまの受験を支援するために下記の措置を行っております。詳しい内容については、試験センターまでお問い合わせください。
      • 試験問題拡大
      • 解答用紙(マークシート)拡大
      • 解答(マーク)方法変更
      • 車椅子対応会場の指定 など
  12. 問い合わせ先
    • 一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団
    • 〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館別館11階
    • 電話番号:03-5275-6336
    • ホームページ:http://jken.sgec.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です