小規模ボイラー取扱者の資格とは

shikakumatome

「小規模ボイラーの取り扱い専門家」

小規模ボイラー取扱者の資格を取得すると、胴の内径が750mm以下・長さ1300mm以下の蒸気ボイラー、伝熱面積が3㎡以下の蒸気ボイラー、伝熱面積が14㎡以下の温水ボイラー、伝熱面積が30㎡以下の貫流ボイラーなどの運転・停止などの取扱いをする事が可能になります。

メリット

講習受講後後、4か月の実務を経験すれば、2級ボイラー技士の受検資格が得ることができます

難易度

ボイラー取扱技能講習と終了考査で取得できますので易しいです。

オススメ度:3(5段階中最高が5)

ボイラー技士の資格にステップアップすることができるので、将来的に高い収入を得る事ができる可能性を秘めた資格です。

資格概要

  1. 資格の種類
    • 国家資格(生涯有効)
  2. 受講資格
    • 特に制限は無し
  3. 受講内容
    • 一日目
      • 関係法令
      • ボイラーの構造に関する知識
      • ボイラーの取り扱いに関する知識
    • 二日目
      • 点火及び燃焼に関する知識
      • 点検及び異常時の処置に関する知識
      • 修了試験
  4. 受講日
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  5. 受講場所
    • 各都道府県で実施
  6. 受講手数料
    • およそ12,000円前後
    • その他、テキスト代も別途かかります
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  7. 受験申請書受付
    • 各地域によって異なりますので、各実施先までお問い合わせください。
  8. 合格基準
    • 各実施先までお問い合わせください。
  9. 結果発表
    • 各実施先までお問い合わせください。
  10. 問い合わせ先
    • 一般社団法人 日本ボイラ協会
    • 〒105-0004   東京都港区新橋 5-3-1
    • 電話:03-5473-4500
    • ホームページ:http://www.jbanet.or.jp/
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です